安心・満足・分かち合う・幸せへの道を歩む

人は人と人の中に産まれ、人の中で一生を過ごす。
人の中でこそ、安心していられるのではないでしょうか?
人に見守られ、人にやってもらいながら・・・満たされ・自らの内に人に資する欲求が発露され、人と共に仲良く暮らしたい欲求が・・・?
サイエンズスクールの協賛で行われた、8月10日からのアズワンセミナー参加者の感想の一部を紹介します。
**********************************
img123ab500.jpg
正悪の判断無く、自分の話を聞いてもらえることで、得られる安心感を久し振りに味わわせてもらった。
また、人の話を自分も聞くことで、自分にも変化が生まれるのを実感できた。
自分を在りのまま受容したい
子どもを在りのまま受容したい
親と和解したい
妻と友人とも、これからも話し合って行きたい(40代男性)


今回私がこのセミナーに参加した動機は、夫との家庭生活を見直したいと思って参加しました。
いつも眉間にしわを寄せている私、いつも不機嫌な顔をして、良くないなと思いながら、4年ほど過ごしていました。
セミナーで感じたことは、「その場を離れることの大切さ」冷静に「 」を掘り下げて、探求するためには、一度その場から離れて。「考え、探す」ためだけの時間を設けること、帰宅してからやってみるのが楽しみです。
それから、親しい間柄になれる人の存在をありがたく感じました。
これから自分の事を伝えたり、相手のことを聴くことが出来るかと思うと、わくわくします。
目の前で起こる(私にとって!)良い事も、悪い事も、すべては、自分の手の中にあるのかもしれません。(40代女性)


まず、人の考え、自分の考えであることを自覚することから始まり、そこから、実際はどうか、ということを考えることによって実際に起こっていることは、どういうことなのか、自分を整理すること、自分を知っていくことが出来たように思います。
決めつけや思い込みとは何か、決めつけがあるとどんな状態か、決めつけがないとどうか、幸せとは何か?
自分自身を探究すると同時に、探究する人がどのように変化するのかを見たり、実践している方のお話を聞いたりすることができたのも、とてもよかったです。
普段、何かのテーマについて深く自分を見ていくという事のみ時間を使うという事は、ほとんどないので、とてもぜいたくな時間の使い方をさせていただきました。
人にとっての幸せとは、本来の自分自身でいられて、自分の力を発揮することを楽しんでいる状態なのかなと思います。(40代女性)
アズワンセミナー | comments (0) |07:03

新しい学びのスタイル アズワンセミナー

様々なテーマについて、参加者で話し合いながら、楽しく、深く、探っていきます。

誰かに教えてもらったり、何かを学習するのではなく、自分の頭を使って、じっくりと調べていきます。

その中で、「当然」「当たり前」としていた思い込みやキメつけから解放されていき、自由で豊かな明るい世界が見えてきます。

新しい知性の使い方、心とつながる学びを「体験」「体感」できる機会です。

4月29日~開催された「アズワンセミナー」の参加者の感想を紹介します。

2017年太巖寺 (サイズ変更済)).jpg

次回「アズワンセミナー」は、6月9日(土)~14日(木)開催。申し込み受け付けています。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



自分をみる視点が変わり、同時に他者をみる視点が変わった。

良い悪いの判断を超えた、自分をみる、他者をみるやさしい視線。

その視線の元はどこなのかと探ると、行き当たったのは他でもない、わたし。

そのわたしは、捕まえられそうで捕まえられない、見えるようで見えない、実体はないけれども、確かにそこにあると感じられるわたし。

私はあなたに会いたかった。

自分を苦しめ、愛する人を傷つけ、現実をゆがめ、適当な理屈を作っては、あなたに近づこうと、随分遠回りをしたものだ。

言葉だけではなく、着想や、思考や表現の方法、あらゆるものが、その人のその時、その瞬間のありようを表現する味わい深いものとして感じられるようになった。

話を聞くことが、相手を聴くことに変化した。

自分も、みんなも、聴いてほしい、認めてほしい。

こころから安心できるやさしい関係、やさしい社会を求めている。(40代男性)



自分自身や自分の世界が、自由で、安全・安心・安定であることを、自分自身が大切にしていることが改めて分かりました。

アイスクリームが溶けて形が不明確になるように、自分と他人との間にあった境界が薄くなった感覚があり、驚きました。(40代男性)



「立腹」「所有」「決めつけ」「幸せな状態」というような、キーポイントとなるキーワードをお互いに考えて、表明して、聞き、更に話し合う中で、自らの中から出て来たもの、他者から出て来たものが可視化され、“ふ”に落ちてゆき、共通点・違いへの気づき、深まり、愛おしさが感じられて、普段なかなかないレベルでの理解に至っている感覚も共有出来ました。(50代男性)



視点が変わったように感じています。

自分なりに色々と考えて来たものの、そこにはじっくり時間をかけて、人との対話や想いを通して、考えることが無かったと思います。

探究の仕方も自分なりになっていたと思います。

今後、人と接するときは、自分も人も其々信条・信念・価値観・時にはバイヤス・思い込みがあるという事を知って、他者の心の声・伝いたいことに心と耳を傾け、自分の心の癖を知りながら対話したいと思います。(50代女性)



一緒に参加しているメンバーと、探究会でも暮らしでも自分が何を聞いているのか何を見ているのか常に意識を向けることで、頭の中がすっきりしていくというか、フィクションと実際の違いが明確になっていった。

自分で自分の中を見ようとひとりでもがくよりも、みんなの話は割と客観的にすっきり見ていけて、その感覚のまま自分を見ることで自分の観察がしやすい下地が出来ていくように思う。

もう一つ、本音の本心で願っている部分が実現されない原因は、そういう世界を作れない自分だからではなく、すでに存在している実際の世界をまげてフィクションのドラマを見ている自分にあるんだなというのを改めて思った。

地域でどこまでやれるだろうか。

実際の世界で、人らしく生きていきたい。

子供に、みんなにそういう人生を歩んでもらいたい。(40代女性)



どんな事も、どんなものも、自分一人の力では成し遂げられない事ばかりだった。

もっと自分を過大評価せず、自分の事を環境がもたらした意志を持つ存在として考えてみたい。

自分とは孤立した存在ではなく、つながったネットワークに表出された存在なのかもしれない。

自分が気持ちを表すことは、孤立した閉ざされた存在から出た思いからではなくつながりの中から感じられた、表出されてきた思いを素直に出していくことではないか。

それは個人の願いだけでなく、あらゆる万物の願いなのかもしれない。(30代男性)
アズワンセミナー | comments (0) |09:39

心のスタート 人生を豊かに生きるために

<自分>・<人生>・<社会>についての、様々な問いに対して、自分の頭を使って、じっくり、探ってみる時間をもってみませんか?

アズワンセミナーは、日常から離れた合宿生活の中で、日頃、自分を窮屈にしたり、自分らしさの発揮を阻んでいる観方などに気づき、人生をよりよく生きるための根本的な問題について深めていくセミナーです。

11月アズワンセミナーに参加した人の感想を紹介します。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



社会について、このようにあらためて考えることが少なかったので刺激になった。

自分と社会の関係についてや、社会をどのように見ているのか、その中に「人」との関係も見えてきたように思う。

争い・対立のない幸せな世界について思いを巡らせると、参加者それぞれの言葉や表現は違っていても、本質的には同じような事を大切にしているんだということがわかり、人間は一つなんだなということを再認識した。

その世界を実現するために私個人に何ができるのか考える良いきっかけとなった。

全体を通して独特の「間」があり、その感覚について違和感を持ったこともあるが、それは今まで答えのあること、早く答えを得ることに慣れていたことからくる、自分の反発だったのかもしれない。

でも、今まで得ていた「答え」も本当の意味で、どこまでゼロから探究しようとしていたか顧みる良い機会になった。(40代男性)



身近な実例を上げて探究していく中で、最初は相手に原因があると思っていたものが、最後はそうだと言い切れなくなってしまいました。

勝手に自分が相手の言動に意味づけをしていて、自分の感情が実際の中に紛れ込んでいたことに気付いた時は衝撃的でした。

今までは、怒りが湧いてくることがあってもそこに目を向けることをしてこなかったし、相手に対してなんでそんな行動したのか考えることはあったけど、なぜ自分が怒ったのかは考えることがありませんでした。

自分自身を探究していくことは自分自身を観察していくことであって、全てを受け入れることでもあるなと思いました。

そして何気ない会話の中で、「実際はどうだろう?」と問うことで、普段自分の中で思い込みやキメツケをしていることに気付くことが出来ました。

初めて参加者同士顔を合わせたときも、自分の中で、この人はきっとこういう人だと決めつけていた自分がいました。

また、「実際の自分とは?」ということを探究するとき、「実際の自分」は、「自分と思っている姿」とは全く同じとは言い切れず、体がここにあるのに私とはこれだと断言することが出来なくなりました。

自分らしく生きるということは、自分だと思っている虚像、もしくは、なりたいと思う姿をまねて生きているのか、自分らしく生きることと自分であることは少し違うなと今でも探究が止まりません。(20代男性)
アズワンセミナー | comments (0) |11:58

楽しく、深く、「ほんとうは、どうだろう?」 

身近な問い、例えば、「見るとは?」「聞くとは?」「自分とは?」「幸せについて」「社会について」など、自分たちで話し合いながら、楽しく、深く、探ってみませんか?

「問い」「テーマ」を発するスタッフはいますが、誰かに教えてもらったり、何かを学習するのではなく、自分の頭を使って、自分たちで、じっくりと探究してみましょう。

新しい知性の使い方、心とつながる学びを「体験」「体感」できる機会です。

9月アズワンセミナー、参加者の感想の一部を紹介します。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



みんなの経験・考えを出して、一つのテーマを見ていくと、今までに自分にはなかった考え・見方に共感し合ったり、提案し合えたりして、その場の雰囲気がとても心地よく感じている自分に気づいた。

探究が楽しく、日常ではあまり使っていない頭を使っているせいか、テーマ「怒り」では違う疲れがあった。

人との関係性、社会との関係性、自分とは、幸せとは、考えとは、経験とは、キメつけとは、テーマを一つ一つ見て、考えてきたのだけれど、どのテーマも、生きて生活していく中では、どれ一つとして、一つでは存在していなくて、影響し合っているのではないかと感じた。(30代男性)



人や物とあらゆるものとの関わり影響し合いながら存在しているというのが見えた時、とても身軽になった感覚がした。自分ひとりでなんとかしようとか、そういうのから解放されていく感じ。

不安や警戒もこういうところから来るのではないだろうかと思う。

本来の幸せな状態は親しいと感じる人が幸せであってほしいと願う気持ちから探っていくと、その人がその人らしく安心した心の状態であって生きれること。

自分も大切な人たちもそんな社会で生きていけるといいなと思う。

そんな社会で育っていく子ども達は身につけていくものが違うだろう。

人は人の中で生きていく。

そものもがそのものらしく幸せに生きられる社会を創る一人となりたい。

小さなところから…。(30代女性)



沈黙の時間が心地良かった。

(私自身は)他の人の発言を聞いていたのか、いなかったのか、分からないけれども、聞いたこと(聞こえたこと)から、引き出される、自分の内側の言葉をおもしろいという風にとらえたのかも知れない。

テーマに添って話すわけですが、始めから何を話しても良いような雰囲気があり、緊張しながらも居ごこちが良いと思いました。

「親しい間柄」を普段の生活の中では、続けることは大変かもしれないけれども、「親しい間柄」について話し合える場があると分かった事は、とても心強いです。(50代女性)



幸せはお互いの事。

本当に何を願っているか見えづらくなる。

関係、関連の中で生きている。どこから自分といえるか、どこから自分の力といえるか。

赤ちゃん、生きているだけで影響している。

対立、対抗心、優劣感、劣等感は一時的なもの。

安心状態とは?

本当はどうありたいか。本当は・・・。発見の連続(探究)

人の中でこそ人として生きていける。

知識、経験、キメツケ、前提にならなくても残るものあるのか。

培われるという感じもする。

現状においてお金に囲いがないかというのはみえやすいバロメーターではないかと思う。

それが出来ているか出来ていないかという事よりその人の内面の状態。

調和を実現するには、・・・

そのものらしく生きられる社会、実現したい。知りたい。(20代男性)
アズワンセミナー | comments (0) |17:21

話し合えるようになるために

「幸せに暮らしていますか?」

「何を幸せと思っていますか?」

「人にとって、本当の幸せとは?」

と、「アズワンセミナー」では、身近なテーマを、参加者どうしで話し合いながら、探究していきます。そして、自分を、お互いを知り合っていく「話し合い」の体験の場でもあります。

7月「アズワンセミナー」に参加した方の感想です。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



心が満たされているような感覚は、家族ではない人たちといる時でも味わえるのかもしれないと思った。(20代女性)



学問の「哲学」では文献を調べることが中心と感じるが、ここでは「哲学する」という姿勢を感じた。(60代男性)



「感じている事」が“ある”のではない、“ある”ことを「感じている」んだ、コレはよく前者になりがち。意識したいと思った。

いつも自分の内側で何がおきるのか、自分に矢印向けて観察する、同じく相手のコトバや行動ではなく、その人の内側で何がおきているのか矢印向けてみる。

そうすると、攻撃も防御も必要なく安心して居られる気がした。

中略

「世界」と思っていたものは「私にとって見える、聞こえる、感じる世界」なんだと知った。

もうちょっと、もうちょっと自分を探究したいな、探究している時、目がさえていた。おもしろいなと感じていた。(20代女性)



会話だけでなく、日常行っている行為のほとんどすべてが、このように流れ作業で行っているのかもしれません。

このように思うことが、いいとか悪いとかのジャッジではなく、ただ素直に「あ、そうなんだな」と思えると楽だろうなと思います。

感じることをあると認識するのではなく、あるということを感じる

ただ、そこで起きていることを感じる。

それは自分にも起きているし、相手がいれば相手にも起きている。

そして、起きていることが気になることであれば、「それがなんで起きているのかというメカニズム」をフォーカスすることを繰り返し繰り返し行うことで解決するのだろうなと思う。

日常で、無理のない範囲で、探究を続けていき、本来のもっているであろう身軽な思考で気楽に生きていきたいな。(40代男性)
アズワンセミナー | comments (0) |10:36

自分を知り 人と社会を学ぶ アズワンセミナー

5月の連休(5/2~7)に「アズワンセミナー」開催しました。

社会の基本である”人と人の繋がり”を知る5泊6日です。

参加した人の感想の一部を紹介します。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



みんなと共に、ひたすら探究するという事を繰り返す生活に身をおくと、「こんなにも自分の中での思い込みが、当然のように自分を支配しているのか!!」と驚きの連続でした。(30代男性)



特に全過程を通して感じたことは、【言葉】はかなり不確定なものであるということ。夫婦でも言葉にまつわる喧嘩が多々ありますが、解決策は【言葉】の根本的な認識のところにあったのだと分かりました(解決しないはずですね)。

初め苦痛で仕方がなかった探究中の沈黙も、なぜ苦痛なのか?と考えると自分の癖が見えてきました。

「この時間がもったいない」という時間にせっかちであること。

「もっとこうして進行してくれたら‥」という他力本願な思考癖。

「ここに来たら何か得られる、自分は変われる」という受動的な考え方。

客観的に見たらなんて小さな人間なのだろうと思うのに、それが実際の自分なのだと思うと、自分のことは意外と知らないものだと気づきます。

(30代女性)



6日間終えてみて、じんわり何かが伝わって来て、やり方は驚きの連続でしたが、伝わってきたものは、忘れていた何か、大切な何か、自分の中にもともとある何かであると思います。

言っても言わなくても、聞いても聞かなくてもよいとか、“自分はどうしたいのか”という問いにしても、はじめは驚いたのですが、その人らしく主体的に生きることを大切にしていたら、当たり前のことであり、それを失ってしまったことに逆に驚きました。(50代女性)



参加してみて想像していたのとは全く違い、どんどんリラックスして話しやすくなっていく事に驚いた。

これまでの日常の相談、打合せでは短時間で結論を出すために、自分と異なる考えを十分に聞かなかったり、強引に話をまとめるために、ずいぶんと無理のある方法で、ストレスを感じながら行っていたように思う。

「自分について」は、きっとたくさんのきめつけがあると思う。外していくとどんな自分が出てくるのか楽しみだ。

「幸せ」とは、自分一人の幸せではなく、周囲を含めた幸せであり、つきつめていけば、世界中の人々の幸せであるということが、みんなの話し合いの中でしっくりときた。(50代男性)



周囲の人達と生きてきたこの世界は、自分がつくり出しているものであるという、感覚を持つことができて、自分の思い込みやキメツケがなんと多いことかと、愕然とする一方、新しい世界が開けたような気がしている。

これから、周囲の人に対してすごく親しみを感じられる気がしたし、実は「私」と「あなた」の境目はすごくあいまいなもので、まさに世界が一つであるかのような(As onc)、互いに家族であるかのような争いのない社会を創り出すことができる可能性を感じることができた。

自分にとっての「家族」はどんなイメージだろう。

自分にとっては温かい、利害とは無縁な関係性、そのような関りを思いだした瞬間、熱いものが込み上げてきた。

家族じゃなくても、そんな関りがある気がした。(30代男性)



私の中にはまだまだ気づいていないたくさんの囚われがあるのだと思います。でも今、このセミナーを終えたばかりの私であれば、わが子に対しても、「あなたはどうしたいの?」と、本心から尋ねることができるような気がします。

そして同じ物事に対しても、私はこう思うけれど、子どもたちはどう思うのかを知りたい。

日常に戻ったら、気づかぬうちにマイフィルターをかけて物事を見てしまうのかもしれませんが、このセミナーで学んだことを思い出して、少しずつでも自分を探究し、本心でつながる人と人との関係というものをこれからも体感していきたいなと思っています。

一人一人の主体性が尊重され、人と人とがともに助けあい安心して楽しく暮らせる世界――。

アズワンセミナーを受けてみて、漠然とこれまで私が描いてきた「平和な世界」は絵空事ではなく、実現可能だと実感できるようになりました。

わが子を含め、今を生きる世界のすべての子どもたちにそんな世界を贈りたい――。

たくさんの仲間がいたら、結構早くに実現できるかもしれませんね。

そんな世界になることを心から楽しみにしています。(40代女性)
アズワンセミナー | comments (0) |18:36

ほんとうは、どうなんだろう?

自らの知性で、私の心を訪ねてみよう。

3/18~6日間、アズワンセミナー開催しました。

参加した人の感想の一部を紹介します。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 



素朴だけど、生きていく上で向き合わざるをえないテーマのひとつひとつと、じっくり時間をかけて取り組むこと、さらには全国各地から集まった方たちの話を聞くこと。

こういう場でなければ、中々出来ない体験でした。(40代男性)



実際にセミナーの中でみんなで考察していくと、他の人の考えから違う気付きがあるし、角度を変えた問いからも新しい視点が生まれ、予想が覆されました。

新しい気付き・考え方が自分に生まれると、とてもワクワクします。その視点で次のテーマに取り組むのがまた面白く、毎日今日は何のテーマだろう?と楽しみでした。(40代女性)



これまで、仕事をしてきた中で、とても感じていた苦しさや、意味のなさ。

それは、なんなのか、ここで分かった。

それは、計画、こうすべきという枠、多くの常識の中のすり合わせに、無理して押し込めようと強いたことだった。

結果に向けた考えや行動を求めていた自分。 順序が逆だったのだ。

「ホントのホントの本心」から始まる、これらの世界。

心から楽しみである。(40代女性)



お金、戦争、エネルギー、資源の関係を突き詰めていくと,結局は心のあり方に行き着きます。

平和に生きるための理想や手法は巷に溢れていますし、個人として上手くいっている人やグループは知っていますが、世界のコミュニティで上手くいっているように、感じたことがありませんでした。

その原因は共通して人間関係だと分かりました。



やっぱりどこまでいっても、始点は自分。 終点も自分。

世界がうまくいくことを、どうしても諦められないのも私。

ゼロに立ち戻る身軽さと好奇心を意図しつつ、できない時の自分を愛しみつつ、探究を続けます。

一人じゃないって、本当に安心で嬉しいものですね。(50代女性)



いい、悪い、やる、やらない、こうすべき、こうあるべき・・・

日常はそんな私の価値観であふれています。

「目の前にあること、起きていること」と「私の中で起きていること」の区別がついていないということに気付けない。

だから相手のせいだ、いや私のせいだ、あっちだ、こっちだ、と白黒つけることが目的のようにも感じられ、気づけば自分も周りの人もいつも怒ったり、泣いたり、対立したりの繰り返しです。

本当の自分の気持ち、今ある思いや感情の背景にある何か、なんて調べる余裕がない日々でした。

コップのワークの時に感じたあの温かいつながりの感覚。

あれが私のほんとのほんとに感じたいものなんだと今は思っています。

あんな温かい感覚を誰かと分かち合いながら暮らせたら、それが私の幸せな状態なんだと思っています。

私の平和のイメージそのものなんだと思います。

それはどこか別の場所で知らない誰かと始めるものではなくて、今ある関係の中で、自分の中と外を丁寧に見つめて育んでいきたい、それが正直な思いです。

私の喜びは相手の喜びで、私とまわりの境界なんて意識がなくなって、私が心からやりたいと思ったことが誰かの幸せにつながったらいいな。

その幸せが波紋のように広がっていった先に争いや対立のない世界があるといいな。

これこそが子どもたち、先の世代への贈り物であったらいいな。(40代女性)
アズワンセミナー | comments (0) |12:59

知性の発揮~アズワンセミナー

誰もが幸せを願い生きています。が、

「幸せに生きる」そのことに、人は、頭脳や時間をどのくらい使っているでしょう?

アズワンセミナーは、人と人の安心のなかで、

自分の頭、みんなの頭を寄せて、

「どうなっているのだろう?」「なぜだろう?」と

素直なお互いとなり合い、知的に話し合う体験です。

1月のアズワンセミナーに参加した人の感想の一部を紹介します。



*  *  *



セミナーが始まって最初に感じたことが「つまらない」でした。

初日の探究会が終わって「あとこれから5日間も続くのかぁ」と考えたら、正直、帰りたくなりました。

ですが、みんなと共同生活をしていく中で緊張感も溶けていき、自分の意見も少しですが、話せるようになりました。

そうすると、どんどん楽しくなってきて、より深く探究することもできて、「最後までできる!!」と思えてきました。

同じテーマでやっていても、一人ひとり考え方が違っておもしろいし、その考えを聞いて、自分の考えが変わっていくのもおもしろかったです。(10代男性)



そっか、探究するのかって思い出して、気持ちが楽になった。

また、無理に話さなくてもいいんだって思って、ほっとした。

人間何かしらの制限を背負っていると思うけど、それをゼロから、何もない所から考えていけたら楽しいなって、リセットした状態で見れたらもっと自然に生きれるんじゃないの?って。

もっとしたい気持ちが溢れてくる、もっと探究したい。

嫌な感情も愛したい。所有って何だろう?Aさんは、なんで家族に反応するんだろう?喧嘩をしたくない心理はいったいなんだろう?このもやもやはいったい何だろう?

こんなことを探究するとわくわくする。(20代男性)



とても充実した日々だった様な気がしますが、何を話しあっていたか記憶があいまいな感じです。

何か得られたような、何かがはずれたような・・・

たまにはぶつかったりするのが当たり前って思っていたけど、そうでは無い事に気付きました。

本当に幸せで心からやりたい事ができ、相手との違いを受けとめ合う間柄に、心から本音で話せる安心、安全な場になれたとしたら、ぶつかり合う事もないのだと思いました。

幸せって、楽していいんだなぁ。

今まではすこし歪んでいたかもしれないなぁと思い返してみています。(40代女性)



「世界中のみんなで幸せになろう」

5泊6日間、寝起き、掃除、食事と生活をともにしながら、実際はどうだろうと「世界中のみんなで幸せになる」ためにはを知るために、準備された問と、本を使って、12名+スタッフ3名と探究をしていった。

社会を改めてゼロから見ていくための問い

アズワンの世界に導くための問い

未の関係から有の関係への移行

関係性の変化を使った問いの探究

セミナーそのものが新たなコミュニティの構築とネットワーク構築をはたしている。(40代男性)



今回12名の参加ということで、とても多いので、自分の中を深めることができるのかなって、正直、不安、嫌だなって思っていました。

そして、探究会の最初のほうは、何か言葉じりを捉えているなあとか、話が違うほうに行ってるなぁ、深まってないなぁと思ってイライラしていました。

だけど途中で休憩の後に内容は覚えてないけど、A君が自分の気持ちを言ってくれた後から、少しずつ雰囲気が変わった感じがして、自分にとっては居心地の良い感じになりました。

その後は、何で自分がイライラしてたのかなぁって考えてみると、「ここはこういう事を話し合う場だろ」とか決めつけがあったなぁと思い、また、それぞれの人が何でそういうことを言ったんだろうって、人の気持ちに向いてなかったなぁって思いました。

何かそんなことに気付く(?)、感じて、人に気持ちが向きはじめると、自分が変わったのか、周りが変わったのか分からないけど、穏やかな雰囲気になり、とてもリラックスした状態で、探究に臨めました。

そうすると12名という多さが逆に良かったなぁと思えてきました。

人数分の気持ちがあり、自分が思いもつかない色んな面からの見方を気付くことができたからです。(40代男性)



初めて出会った人達との5泊6日の中にはそれぞれ色々なことが起こったと思う。

今まで当たり前にしてきたことを崩される恐怖。

自分がなくなってしまうのではないか。

それを外すというのは苦しい、怖いという思いが強いのかな。

けれどそこに責めがない、上下がない、義務も正義も、ない・・

この無い無い尽くしの中では誰もが素直になっていくように感じた。

世界中の人が幸せに暮らせる社会の実現は可能だなという事と自分のやりたいことがまた一つハッキリ見えてきたように思う。

やりたいのは事柄じゃなく「人」のこと、気持ちを向けたいのも「人」のこと。

全ては「人」に。(30代女性)



知識・経験はあるが、それをそうだとキメつけたり、前提として考えないで、ゼロから「実際はどうだろう」と探究する。

この言葉をじっくりと体の中に入れていく6日間だった。普段、いかに自分自身の知識・経験に頼って、そこに当てはめることをしているかということを実感できた。

「丁寧に生きる」という当面の自分のテーマが見つかった。丁寧に生きたいなあとなんとなく思っていたが、今回のセミナーでそれをしっかりとしたテーマとして位置付けることができた気がする。

社会というものをよりよくしていく時に、無理せず、人間の本質に沿っていくことで自然に変化していくという考え方にとても共感した。どこか無理して世界を変えようとするのではく、自分を見つめることで無理がないプロセスで世界も変わっていく。これは丁寧に生きることにもつながっている。

お金や所有についてはもっと探究していきたいテーマであり、どこかでじっくりと話を聞く機会をもらえないのだろうか?

人がライフスタイルを大きく変えようと思った時にはこの部分が壁になりやすい。その壁をどのように捉えて、そしてその壁をなくしていくか、もっとオープンに見えるようになると、もっと軽やかに生き方を変化させていく人が増えるのではないかと思う。(50代男性)
アズワンセミナー | comments (0) |13:24

わたしらしく生きられるために ~ アズワンセミナー ~

「こんな自分になりたい」とか「こんな社会になったらいいなあ」とか、

希望や理想がありませんか?

でもどこかで、「いくら願っても、今の世の中、実現できるわけないよなあ」と、

諦めていませんか?

わたしらしく生きるために、まず、「自分」ってなに?「人間」ってなに?

「人」と「社会」はどうなっている? ゼロから、探究してみましょう。

私の、本当の願いは・・・。

11月に開催した「サイエンズセミナー」に参加した方の感想を紹介します。



尚、セミナーの名称、次回から「アズワンセミナー」となります!

アズワン(as one)とは、「一つの世界」を意味しています。

ジョン・レノンの名曲 ”イマジン”の中で、”The World will be as one”

(だって元々僕らは「一つの世界」に生きてるんだから)と歌われている”アズワン”です。



知性を使い探究すると、何か知らないうちに姿勢が変わるような感覚があって、心も変わってくるような。

前よりはラクに、疲れずに、自分や周囲とかかわれば、活動がより持続可能で楽しいものになるだろう。

ヨガをしながら呼吸を観察するように、自分や人や社会を観察し、それらがより本来のあり方をとりもどしていくプロセスと共にあれたらと思う。(50代女性)


腹が立つについて、イラっとする中身は、その対象にはなく、自分のこうしたいという思いに気付く。

話すべき所が、こうしたいと思って相手にぶつけたものの正体に気付き、これじゃ、いつまでもイラっとするという事を発見し、驚く。

相手にこうしたいと言っていた事が実は違った。本当に腹が立ったとき、向けている場所が違う事。自分の中の思いに気付く。

ものすごく相手を思っているじゃん。そっちを伝える方が良い。

「自分とは、」という問い、とても良かった。

自分は自分で良いんだ。と思う。

そして相手の怒りにも本当は、その人の大切な思いがあるのだろう。

そして思い込みや嫌な思い出、消化出来ない気持ちがあるのだろうと思うと自分も胸が痛くなる。その人の為に何かしてあげたいと思う。

それが僕の正直な気持ちなのだろう。

人が持っている気持ち、当たり前、なのだと思う。

自分、劣等感、優越感、悪意、ものすごく強いネガテェブな感情、その正体が分からず、自分が怖くてしかた無かった。でもそれ、恐怖心からきてた、これも向ける対象を間違えてた。

自分の中にあったのだ。本当は無いのだ。

安心、安全、大丈夫なのだと自分に言ってあげた。もういいよって。(20代男性)


「その問題はその人に起こったことだから、私には関係ない」と思うのと、「その問題を解決できるのはその人だけだし、その人がどうやっていきたいかは、その人次第だから、見守ろう。(もしできることがあるならやるけど)」と思うのは、行動自体、「特に何もしていない」けれど全然違うものだなと思いました。

見守られている安心感、何でも言い合えるような関係性、改めて大事だと思いました。

僕も地域でコミュニティ作りやイベント事業などをしたり、しようとしている中で、大事なのは、「何をするか」「内容がどうか」以前に、やろうとしているもの同士で「本当に親しい関係性」を築けているかなのだと深く思いました。(30代男性)
アズワンセミナー | comments (0) |11:50

自分らしく生きているだろうか?

「サイエンズセミナー」は、自分を知り、人と社会を学ぶセミナーです。

「こんな人になりたいな~」「こんな社会になったらいいなあ~」など、誰の心のうちにも希望や理想があるでしょう。

でも、いつからか、「自分には無理」とか、「世の中はこんなものだ」と、諦めてしまっていませんか?いや、ほんとうに忘れてしまったのでしょうか?

自分らしく生きるための人生が、そして、誰でもが自分らしく生きられる社会が、良いと思いませんか?



9月に開催したサイエンズセミナー参加の方の感想の中の一部を紹介します。

次回は、11/19~24で、開催。参加申し込み受付中です。



_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



周りの環境、住んでいる社会、人の気風、自然等、自分をとりまく要素もとっても大切。

密接に結びついている。

親しい間柄というのがベースにあれば、より、調べやすいし、楽だし、早いし、楽しい。



何が、ホントの自分かわからないけど、ホントの本当を探しながら、そのプロセスで、自分を知っていくって楽しい。

とまらないでいるのがワクワクするなぁ・・・と感じている。(50代女性)



色んな理由や、説明、解釈など、自分自分の振るまいや、感情、行動、気持ちはあるが、その向こう側、それがやってきている所に何があるのか?

起こっているのか?

その源泉に近づくことが、自分の生きやすさに近づいていくことでもあるのかな?

ただ、それは自分一人では難しい気がする。

生まれてからここまで、多くの人々の心や意識の関りによって、自分の心がそのようになってきたように、そこへ戻っていくことも、また、多くの人々の心や意識の関わり合いによって可能になる気がする。(30代男性)



「ひとがその人らしく生きること」

このテーマをまずは自分がそう生きることが初めのステップ。

そしてそれには、共通の願いをもつ人たちのコミュニティという環境が必要だと感じました。

いつの日か、この日本が「その人らしく生きる人」ばかりで溢れ、そのことが当たり前になり、心に鎧を被ることがむしろはずかしく感じる。

そんな社会が近く実現するように思います。(40代女性)
アズワンセミナー | comments (0) |08:16