<< 「一つ」の社会へ立ち還る道をさぐる | main |

自分を縛っている思い込みや、決め付けからの解放!

自分が普段何気なく考えていることや、していることなどを観察し、それをミーティングで出し合いながら、人としての自覚のある健康な状態を皆で探って行きます。
思い込みや決め付けから解放され、自分らしさ人間らしさを発揮できる、健康で心豊かな自分に成り合って行きます。
知性と心の育ちに焦点が当たります。
7月3日~の「自分を知るためのコース」に参加した人の感想を一部紹介します。
0953956878d84d16da0df57e913a45c4.jpg自分自身を縛っている、自分の考え と 事実実際は?
「これは何ですか?」その問いに自分の思考や体が一時停止する感覚になる。
2日くらいそんなことを繰り返した。
当り前に思っていたことの「事実」「実際」はどうなっているのか探究するうち、だんだん区別して「知る」楽しさに少し慣れてきたかと思ったら、時間をおくと私の思考はまた「事実」「実際」がどうなっているのかを忘れている。
繰り返し失敗する。
長い時間で培ったクセなのだから、そう簡単には手放せない。
でも実際、「知ってるつもり」になっていること「わかっているつもり」になっていることを、「知る」という探究の道にのせることは楽しいし、楽しいからまた思い出せるかもしれない。
余白がないなと気づければ「思い込み」に気づけるかもしれない。

また「絶対イヤ!」という発言に対して、「そうなんだ」と受け止める一方、実際はどうなるかな、こう言ってみたらどうなるかなと提案をしてみるという、「人と共に考え合っていける」という事例をいくつも知れたことがよかった。
知らない世界を知って、自分はどうなるだろう。
自分の現場で、このことを思い出して実践できたらと思う。(女性40代)
.
.
.
自分自身を縛る事実化からの解放は、自覚のない状態から自覚状態に進んでいく事から!
初日は、自分を知るためのコースで、初めに「人間の考えを知る」から始めると。
その人間の「感覚とは?」で戸惑ったことを思い出した。

????が頭の中で沢山出てもやっとしたが、2日目は少しだけ感覚的に分かったような、そうでないような。
そして、自分の感覚・認識という状態には「自覚のある状態」と「自覚のない状態」に分かれるらしいと。
私は、前者を、レッテルを張っていない状態。
後者を、レッテルを張っている状態と書いた。
自分には、自覚のない状態の感覚や認識だらけだなと思った。
無自覚のまま自分が感じたことが正しい、自分なりの捉え方が正しいとしていた。
誰かが“事実とは理解が及ばない、分析もできないものと認識している”と言ったのを聞いて、ようやく少しだけ理解が進んだような気がした。

「事実・実際と記憶の関係は?」「(頭の中)意識上の事実化とは?」なども今思い出しても????がつく私がいた。
やはり言葉の意味の捉え方ができないので混乱した。
事実化とはどうやらレッテルを張った状態のようだ。
他の人に指摘されて、私は“この事実化という言葉に対して、即座に善悪の判断をして悪いもの”としていることを知った。

子供の頃の“怒られるのが恐いという経験”を通して、怒られないようにする方法として善悪の判断を使っているようだ。
これが私の事実化の例。
この発見は大きいと感じた。
普段自分がどのように見て、聞いて反応しているのか? 
自分なりに観察する目は持っているつもりだったが、それでは全く実際が見えていないことだろう。
徒労に終わる見方をしていたのかもしれない。

朝、窓の外に電線があり、そこに小さな黒い影が動いた。
何だろう? 実際は何? その実際を見ることができたらどんなに楽しいものだろうか。そう思えた。 初めての感覚。
「実際はどうだろうか?」を見ていくと、それに興味・関心が向く自分を発見した。
ある人が初日に「その人がどんな人なのかに興味・関心がいく」と言っていた。
それがどんなことを指しているのか分らなかったが、その朝少しだけその感覚に触れた気がした。
静かだが喜びの感覚だった。

見て → 感じて → 記憶になって → ここからどんなことが起こっているのか?
見て感じて、その受け取り方、捉え方はどうだろう?

ここがとても大事なポイントのような気がした。(女性60代)
TOP-750x562.jpg
人間の考えを知り、正しく使うとは、知っていこうとする営み
一つひとつの問いかけは、そのどれからも「意識上のこと(頭の中)」と実際との分離に行き着く。
どんなに考えても、どんな反応が起こったとしても、それは全て自分の中のことである。
「これは何ですか?」この問いに向き合う時、何年か前に受講した時の自分を思い出す。でも、それはそれ。
「今、それを聴いて私の中に何が立ち上がるのか、そこを観る。

「人間の考えを知る」ここに尽きるなと思う。
私を包んで離さない、、、いや、私が掴んで離さないもの、それが「人間の考え」。
そう思う。
人間が生きていく上で、”必要”が生み出した人間用の道具とも言えるのかな。
それが、初めは驚きをもって見ていたものが、繰り返し繰り返し経験してゆくうちに、いつしか当たり前のことになっていったのだろうか。
人間が自由に豊かに暮らしていく上で、便利な道具であった”人間の考え”は、やがて人間自身を縛るものとなって行った。

人間を幸せに導くのも、逆に不幸に導くのも「人間の考え」だと思う。
考えに善いも悪いもない。
「人間の考え」を知り、それを正しく使えるようになる。
それが、大切だと思う。
一人ではなくて、そういう空気を吸って生きるということ。
自然に頭の中は変わっていくだろう。

もう一つ自分の中で大きく心を占めるもの、それは、「知る と 知っている」このことだ。
知る  は 終わりのない(結論づけない営み)と言えるかな。
どこまでもどこまでも、知りたい、知ってゆこうとする営みに思えた。
「知っている」
今は、これまで身に着けてきたものを元に、大半が知っているということになってきているかな。
”知っている”ということが、重視される社会に住んでいたら、そうなるのは必然的かな。

「自分を知っていますか」この問いが、僕の中にとても新鮮に入ってきた感じがする。
そして、「ああ、知らないんだなあ。」と思った。 と同時に、本当に自分を知ってゆきたいと思った。
自分自身を冷静に観てゆく。

愛するという言葉も浮かんできた。
“知るということ””知ってゆく”ということ、それは、ひとつ一つに愛情を注いでゆくということではないだろうか。
”世界中の人の行為を受けて生きている”という言葉を最近読んだけれど、世界中の人たちから受けた愛情を、今も受け続ける愛情を、世界中の人たちへ還してゆくそんな時が来ている。 
そんな気持ちが今湧いてくる。(男性70代)
img5406_IMG20220716064802.jpg
自分を知るためのコース | - |