「そのまま観る」ことから、軽くて明るい人、健康な人へ

素直な自分・明るく軽い心・健康な人へ、こころの成長は、受けている愛情がハッキリ見えてくるところからはじまります。
自分を見る、家族を見る、社会を見る、実際の世界を「そのまま観る」と、ありのままの心の世界が自分の中に広がります。
心の底で人と繋がり、こころ豊かな人へ成長していきます。

3月29日から開催された「内観コース」参加者の感想を紹介します。

以下のページから「内観コース」の案内が読めます。
http://www.scienz-school.org/hp/naikan.html
img1856_DSCF5228.jpg◆受けた愛情を「知る」ことは、愛情深い・健康な自分を知っていく道
参加動機は、本来の人間らしい 健康(健康的な内面)になりたい!
そのためには、自分の不健康な状態を知りたい、それを改善したい、といったことであった。

内観をする事で、実際は何をしてもたったか(実際を知る)
自分の過去の記憶を具体的に映像で思い出すことがいかに、大事かを知る

そして、当然としていたこと、親だから当たり前としていた事、一つ、一つ知る
両親から受けた愛情を知る 
鮮明に知る事が、自分の今後の人生に
とっても大事になることと 感じて・・・・(男性50代) 


◆「そのまま観る」力を育てることは、受けている愛情を捉えられることに繋がる
あっと言う間の一週間でした。
内観というと、禅寺へ修行に入るような感じを持っていましたので、多少緊張していたのですが、思ったよりリラックスして座ることが出来ました。
また、法座の設えは記憶を呼び戻すに適した空間だと思います。

最初は雑念が多く、あれこれと考えすぎたようで、記憶のあいまいさがそのまま報告の説明的な言葉に出たように思います。
次第に記憶の断片が動き出し、お互いに連鎖反応を起こし、新たな記憶を呼び覚ますといった感じで、繋がったり切れたり結び直したり、徐々に鮮明になっていくのには少なからず驚きを覚えました。

朧気だった記憶が、周辺までピントが合い、色や形まで鮮明になって動き出し次々と繋がったり・・・・・
何となく過ごした時のことが、意識を集中することで思い出せたり、すごく印象に残っていることを核にして周辺の事が引きずられて思い出せたり、父の時に母の事を思い出せたりと、面白い体験でした。

母や父にしてもらったことの多さを、改めて明確に調べる事ができました。

これまでなんとなく感じていたことより、遥かに多くの事をしてもらっていたことが分かり、改めて感謝の思いを深くしています。(男性70代)
img179_DSCF0048.jpg
◆そのままを思い出し深く観ていくと、素直な気持ち・本心に気づいていく
物事を真っ直ぐに見られない、実際にあるものがそのまま捉えられない、歪んだ見方、間違った考え方をしている自分だったなと思う。

少しはましになったかも知れないが、今もおそらくそうだろう。
実際がそのまま素直に見れるようになりたいな~。

内観というのは、今までの人生をもう一度生き直しているような、そんな感じもする。
あの時、本当はどうしたかったんだろう。
自分はどういう気持ちだったんだろう。
当時は捉えられなかった自分の気持ち、本心に気づいていく。(男性30代)



◆注がれる計りしれない程の愛情、自分の育ちの実際を「知る」
一週間の集中内観が終わって最初に出てくる言葉は「内観を満喫させてもらった」ということです。
生まれてから今に至るまで、ここにこうして存在していられるのは、母や父たちの想像を超えるばかりの量の愛情によって、生かされてきたことが紛れもない真実として知ることできました。

自分の中で当たり前だとしていたことはすっかり記憶から抜け落ちていて、何も知らずに生意気な口をきいていたのだなと恥ずかしくなりました。

母や父ばかりでなく、私という人間に関わってくれたすべての人から多大な愛情を受けて受けて、ただただ受けるだけでここまで来たのだと思いました。

それは「自分」や「私」といった独立したものではなく、すべてが繋がった愛の結晶でした。
そのことを知れば知るほどに私の中は満たされていきました。

人間としてこのように生かされてきた私が、これからどう生きていくのか何を成してしくのかをはっきりと知ることができました。(女性60代)



◆心の底の温かさ、心の底で繋がる揺るぎない人達、無辺の人・不変の愛
胸の奥から湧き上がる穏やかな温かさと共に過ごした
色々な自分や、色々な人に会った
心の世界には実にたくさんの人がいるんだなと思った

どの時代の自分もいろいろ現れは違いがあるけどじっと見ていると安心とか安定とか変わらないものを求めているなと思った

どんな時期にも常に自分を気にかけてくれる、大切にしてくれる人がいるなと思った。
それは距離や、連絡の有無や、自分の意識がどんな状態であろうと決してゆるぎない、不変の、無辺のものに感じられた

それは今回の内観で会った人(男性30代)
storks-2525893__340.jpg
内観コース | comments (0) |08:17

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks