サイエンズスクールJAPANのホームページです

自分を知り、人生を知り、社会を知り、
真に自己を生かし発揮する

トップコース紹介> 内観コース

内観とは ー心の声を聴こうー

内観法により、
自分の人生にじっくり向き合い、
自分自身を調べ、
自分を知るための機会です。

内観とは

字の通り「内を観る」ということです。「自分で自分を観る」「自分で自分を検べる」とも言えます。
幼少時から現在に至るまでの自分と向き合って具体的に調べていきます。
その中で自分を客観的に観察する力も養われていきます。
客観的に自分を観る能力が出来てこそ、本当の自分を知ることも出来るようになっていくのです。


内観をすると

集中して内観した結果、自分の立場で自分の側からしかものを見なかった人が、相手の立場でものが見えるようになり、さらに第三者の立場で事実を事実として客観的に見ることができるようになります。 その結果、様々な気付きが得られます。

「自分の立場で自分の側からしかものを見ていない」ということは、「自分に都合のいいように見る癖がついている」ということです。通常、人は日常生活で「自分に都合のいいようにならない」ことを悩みの種にしています。ところが「第三者の立場で事実を事実として客観的に見ることができる」ようになると、悩みの大半を自分の側で作り上げていたことに気がつきます。

以上のような話を、聞いたり読んだりして判ったような気になっても、一晩寝ると忘れてしまいます。1週間かけて自分で気がつくことが大切です。


内観法について

内観法とは、「自分を知る」ための方法として開発された自己観察法です。
昭和28年に奈良県で、内観創始者である故吉本伊信氏が内観道場を開設し、その効果の大きさから全国・世界にも拡がり、各方面でも注目されるようになって現在では、医療界・教育界、又企業の人材育成等多くの分野で利用されています。
サイエンズスクールJAPANでは、自分で自分を客観的に調べることができるようになるための有効な方法として内観法を取り入れ、「自分を知るための内観コース」として2006年から開催しています。

内観の方法

内観コースは研修所に1週間宿泊して研修する集中内観です。方法は、次の通りです。
●楽な姿勢で座ります。屏風(びょうぶ)で囲むと、落ち着きます。
●そして、母(または母親代わりの人)に対する自分を、
① してもらったこと(世話になったこと)
② してあげたこと
③ 心配かけたこと、いやな思いをさせたこと
の3点について、具体的な事実を検べます。
●検べるのは年代順。小学校低学年、高学年、中学校時代……、というように年齢を区切って、現在まで調べます。
●それがすめば、父、配偶者、子どもなど身近な人に対する自分を同様の観点から調べます。一通り終われば、母に戻ります。
●1~2時間おきに、3~5分の面接があり、調べたことを簡単に面接者に報告します。このような面接が、1日7~8回あります。面接者は基本的に聴くだけで、調べ方のアドバイスはしますが、調べた内容について意見することはありません。
●内観には、その他「養育費の計算」や「嘘と盗み」というテーマもあります。
●研修所では、朝5時半起床。洗顔と清掃の後、6時から夜の9時まで、入浴とトイレの他は静かに座って内観します。食事は日に3度運ばれます。
●テレビやラジオの視聴、読書、他の人とのおしゃべりはできません。緊急の用事以外は電話もかけません。研修中は携帯電話を預からせていただきます。心の世界に集中できるように、外部からの刺激を最小限にするのです。

参加者の感想

母のやさしい笑顔、愛情に溢れた母の眼差しに出会いました

今までずっと自分の根っこに「寂しさ」があって、それは両親が不仲だったから、育った過程で愛情を受けてこなかったからと思ってきました。母に対する自分を繰り返し調べていく中で、幾度も母のやさしい笑顔、愛情に溢れた母の眼差しに出会いました。この事実と、自分が思い込んできた自分像は一体何だったのか目から鱗のおもいでした。

(50代 女性)


より鮮明な未来像を描けるようになった

過去の自分を見ていくうちに自然と将来の自分も見えてきて、より鮮明な未来像を描けるようになったのだと思います。内観をすることは、ただ過去を振り返るだけでなく、過去をどう未来に生かしていくかということにつながっていくことだと思いました。

(10代 男性)



●内観コース体験レポートピックアップ集は、こちらから。

開催要項・日程

開催日程

 2019年
  1月 6日(日)~ 1月12日(土)
  2月 3日(日)~ 2月 9日(土)
  3月 3日(日)~ 3月 9日(土)
  3月31日(日)~ 4月 6日(土)
  5月 5日(日)~ 5月11日(土)

 ※参加希望の方は、開催日の7日前までに、下記申し込みフォーム、
  または、電話・メール等にてお申し込みください。

期間
6泊7日
初日:午後12時30分集合 最終日:午前11時頃解散

参加費(食事・宿泊費込)
一般 60,000円+税、学生 40,000円+税
会員 40,000円+税、会員学生 35,000円+税

持ち物
着替え(楽な服装で)・下着類・シーツ・タオル・バスタオル・洗面用具・常備薬・保険証(コピー可)
●期間中洗濯はできませんので、着替えは必要分持参して下さい。
●期間中、携帯電話・書籍・PC等は持ち込みできません。これは、内観期間中は極力日常からの干渉を避け、自分を見つめることに集中するためです。連絡等の緊急性がある場合などは、個別に対応しますので、お申し込み時にその旨を事務局にご相談下さい。

会 場
サイエンズスクールJAPAN 鈴鹿研修所
(三重県鈴鹿市鈴鹿ハイツ31-5)

問合せ・申込み

 ← 申込みする方はこちらから
 ← 問合せ・資料請求の方はこちらから

NPO法人 サイエンズスクールJAPAN 事務局
〒513-0828 三重県鈴鹿市阿古曽町14-28
TEL 059(370)2760
FAX 059(373)4005
E-mail: office@scienz-school.org