僕が鈴鹿にいるわけ

2018.11.11 Sunday 07:40
IMG_2849s.jpg
こんにちは。

僕はアズワンネットワーク鈴鹿コミュニティのサイエンズアカデミーで学んでいる岡田拓樹です。
みんなからはたっきーと呼ばれています。
今回は僕がなぜ鈴鹿にいるのか、書いてみたいと思います。




17歳の時、ドイツで4カ国の子供たちとキャンプをした。
どこにいても、どんな色でも、皆同じ人間なんだということを初めて実感した。
そうして、周りを見渡してみるとみんな同じ人間なのに、何故かたくさん持てる人と、何も持つことが出来なくて死んでいく人たちがいた。
すごく悲しかった。
僕はすごく大きな疑問を抱いた。
誰かが犠牲にならないとこの世界は成り立たないの?
誰かが言った。「日本は豊かでよかったね。」
え?そんなものなの?
なんで、苦しむ人がいるのにそれを見てそんな言葉が出てくるの?
僕はまた悲しくなった。
でも、何とかしたいと思った。
だから大学ではなんでこんな世界が成り立っているのか知りたくなった。
そして、誰も苦しまないような平和な社会になるために何かをしたい。
振り返ってみると、とにかく、がむしゃらだった。
最初は、国際ボランティアをやってみた。
支援先はフィリピンだった。
とにかく現地の人のために一生懸命やろう。
準備に4カ月かかった。
でも、実際に行ってみると、僕が想像していたものとは全然違う風景がそこには流れていた。
すごくショックだった。
僕自身がその人たちを勝手に、貧しいから可哀想な人たちと見ていたことに気が付いた。
思い上がって頑張ってきた自分にあきれた。
こうやって人を見ていることで、そこに住んでいる人たちの暮らしが破壊されていくように感じた。
そこで初めて、人の豊かさを考えた。
ものがあってもなくても、変わらずにある豊かさがあるんじゃないか。
そこで、タイとブータンへと行ってみた。
そこでは、人の繋がりによって育まれている伝統的な文化や暮らしがあった。ものがなくても、お金がなくても、こんなにも笑顔で暖かく僕たちを受け入れてくれる人たちと触れ合うことですごく心が満たされた。
だけど、一方でグローバル化に伴い、たくさんの企業や観光客が押し寄せるようになったことで、人と人が分断されていく一面も見た。
こうやって、文化が破壊されていくのか。環境が破壊されていくのか。そして人が争うようになるのか。
すべて、グローバル企業や自由化政策を推し進める先進国やWBのせいだと思った。
それからは、どうやったら持続可能な社会が構築できるかに関心が向くようになった。
ビーガンになったり、パームオイル製品の食品を控えたり、オーガニックにこだわってみたり、瞑想をしてみたり、NVCを学んでみたり、プラスチックを使わなくしたり、ゴミの出ない暮しを試したり、物々交換会を開いてみたり、いろいろ試してみた。
だけど、そういうことをしていると、段々と人に厳しくなっていくようになった。
肉を食べてる人が悪い人に見えたりもした。(特に牛肉)
でもなによりも、なにをやっても何も変わる気がしなかった。
だから、休学して一旦立ち止まる時間が欲しかった。
本当に僕がやりたいことはなに?
そんな時、アズワンに出会った。
何かに惹かれガイアエデュケーションに参加していく中で、初めて自分と向き合うことになった。
そして、もっとここでやっていきたいから、留学生になりたいと連絡を入れた。
そこで、初めて読んだ本が「やさしい社会」だった。
誰にでも優しい社会があるんだ!
最初に求めていたものって、誰かにとって居心地がいいとか幸せだとかじゃなくて誰も苦しまないで済む世界だったな。
そして、それを諦めかけていたことにも気が付かなかった。
だから、‘誰にでも‘という言葉を見たときはすごく衝撃的で、うれしくて、同時に虚しくもあった。
でも、それがどんな社会かは全く分からなかった。
誰にでも優しいってどんな社会だろう。
今の社会は全然優しくないように見えて、みんなを苦しませるこんな社会が憎くも感じた。

IMG_2704s.jpg

大学の休学についてどうしたいか悩んでいた。
大学の職員から電話が来た時、なんでもう一年休学したいと思ったのか、学校側としてだけでなく、僕個人としても聞きたい。また話をしよう。と話してくれた。
僕はその瞬間驚いた。
職員は大学のために働いているから、学生も大学のために利用されると思ってたけど、その職員の人は、学生(僕)のために働いていた。
僕が、職員の人をどう思おうと関係なく、愛情を感じようと感じまいと関係なく、実際には職員の人たちから愛情を受けていた。
怒っていたり、注意したりしていても愛情がないわけではなく、そういうのが曲がって出てきていただけだったんだ。
明学には生徒が1万2千人いる。
そんな人数1人1人に向き合うってすごく無謀な気もするけど、何度もメールや電話でやり取りをしてくれ、気持ちを聴こうとしてくれるということはすごいと思った。
僕の休学のことだけで、たぶん少なくても2時間くらいの作業や対応をしてくれている。
それを1人1人にやったら2万4千時間。1000日分になる。
それくらいの労力を一人にかけてやっていたことになる。
それに加えて、入学手続き、履修確認、学内活動のこと、などなどもういろんな事やってくれてるじゃん。
何にも見えてなかった。
僕が勝手に職員の人はこうだと決めつけて、そこに反発してきていただけだったなんてショックだ。
でも、なんて豊かな社会なんだろう。
誰の中にもある人に対する愛情。
それによって初めて成り立つ社会。
そんな中で育ってきていたことに気付いていなかった。
今は、その愛情をまっすぐに表現することを妨げるものがあるから見えにくいだけで実際にはどれだけの愛情を注がれてきたことか。
今、生きているっていうことはそういうことなのかもしれない。

人から愛されることも、人を愛することも自然な姿であって、特別なことではない。
誰かに何かをすることも、何かしてもらうことも特別なことなんて一つもない。
誰かが困っていたら助けたくなる。
人の幸せを願う。
それが良いことでも悪いことでも何でもない。
ごく自然な姿だ。

誰かの犠牲の上で成り立つ社会ではなく、全ての人の自由意思によって成り立つやさしい社会。
まずは僕自身が本当にやさしくなりたい。
その方向に進んでいけるようにもっとここで学んでいきたい。IMG_2720 (3).jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

6ヶ月間のサイエンズアカデミー生活の振り返り

2018.10.15 Monday 18:48
アカデミー留学を通じて自分と人の本心がよく聞けるようになればと思う。 生活の中で見えてきたことを話しながら,知性と心の成長を感じてみたい。 人々に安心してゆだねる中,本当の自分を知っていきたい。 本来の親しさがあらわれるコミュニティとはどんなものか,本当に距離感のない人の間とはどんなものか。 人と社会の本来の姿が知りたい。 本来のものが見えてくれば,そのように生きていける。 アカデミー留学を通じて,何でも聞けて話せる人に成長したい。それで誰とも距離感なく楽な関係で生きていきたい。

私のアカデミーへの入学希望レポートを読んだら,上のような目的を書いている。4月5日,サイエンズアカデミーに入学して6ヶ月が過ぎた。そして,もう韓国に帰る。
今の時点で私はどの程度成長したんだろう。 アカデミーに入学すると,坂井さんのプレゼンテーションを聞いて,意識できない私の本心に触れる様な気がした。今振り返ると,職場研修,コース参加,観察プログラム,いろんな形の話の時間など,アカデミーの生活全般が私を観察し,私の固定観念に気づき,私を知る時間だった。
yono.jpg
出発の記 | comments (0) | trackbacks (0)

鈴鹿で1年ちょっと過ごしてみて

2018.10.02 Tuesday 11:48
38403244_1801135170001571_5594416055201038336_n.jpg
 
 今回はアカデミーで過ごしている中での、個人的な近況とか心境を少し。
 
 僕(※写真の右下の白シャツ、青パンツの男)は去年の五月から三重県の鈴鹿に来て1年4ヶ月が経ち、今はアカデミー生として生活してます。

 来た当初は半年ほど滞在して、その後また仕事をしようかという感じだったんですが、アズワン鈴鹿コミュニティで時間を過ごせば過ごすほど、何かを勉強をしたりするのではなくて、本当に人として成長できるできるような気がして、気づけばここまで長く居着いてます。

自分は人生で何を望んでいるのか、人の本来の幸せとは、誰もが幸せになれる世界とは、あまり普段は人と話せないような話が日常の中で出来て、お互いに深く話し合えるのが楽しくて、そんな感じで過ごしていたら途中で予定も白紙にしちゃった感じでしょうか。
 
今振り返ると東京で仕事をしていた時も、人や仕事の機会に恵まれ、お金にも時間にも余裕のある暮らしではあったと思います。

ただ、仕事・収入や趣味の充実といった外面的な条件では充実していても、自分の中に何か満たされなさも感じていました。

社会の常識の中でいろいろなものを諦めたり妥協をするものの、「本当は人としての本来の幸福はこんなものじゃないはずだ」みたいな思いを常に抱えて生きてた感じでしょうか。

アズワン鈴鹿コミュニティでの生活を通して、東京で仕事をしていたときははっきりとは見えなかったものが、見え始めているような気がしてます。

自分ではある程度自由で心理的にもそこまで大きな問題はないつもりでも、実は社会通念や常識に強く縛られていたり、義務や責任を自分や人に強いる心の状態であったり、常に不安や恐れの中で動いていることに気づきました。

そうした自分に内在する悪感情に気づきながら、現状の自分はあるとしても本当はどう生きていたいのかが少しずつ見えてきている感じです。

「これからどうするの?」ともよく聞かれますが、今は期限なども決めずに、鈴鹿での活動に力を注いでみたいと思っています。

人生を通して、高校、大学、東京で仕事をしていた時と心の奥ではずっと同じ事を変わらずに願い続けてきた気がしていて、それを今は鈴鹿で、自分の本心を確かめながら、それを具体的な活動に結びつけていきたいな、とか思っています。


...まあ、こう書くとまとまってかっこいい(?)ですが、日常は右往左往しながら、ぼちぼちですかねー
でも、アカデミーで生活していても、周囲の環境や人には本当に恵まれてるな、と素直に思うかな。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)

ある台風の日

2018.09.18 Tuesday 11:37
44026556_2219402631467643_2265944566920118272_n.jpg

先日の台風の時、はしゃいでジャンプしてるのが“タッキー&レオ”。
(このコンビは某有名事務所とは違い、解散せず、絶賛活動中!!)

この後、台風一過で困っている人もいるだろうと街に出かけて行ったらしい。

すると本当にいろいろお困りの方たちがいたみたいで、いそいそと自主的救援活動。
或るおばあさんは、倒れかけた塀を何とかしようとしていたらしく、“タッキー&レオ”のサポートで事なきを得たという。

「助かりました、あなた方のお名前は?」

「いやいや、そんな名乗るほどの者ではありません。」

という会話があったとか、なかったとか。

数日後、そのおばあさんが鈴鹿カルチャーステーションに菓子折りを持って訪ねてきた。
「先日、若者二人に助けられまして。お名前はおっしゃらなかったが、カルチャーなんとかと言っていたので、こちらかと思い持ってきました」と。

レオは、その時のタッキーの姿を見て、

「今のタッキー、主体的にやってるな~」と思ったとか。

44076981_2219402924800947_1744692316376924160_n.jpg

台風の夜は、彼らの住むアズワンハウスは停電に。
ちなみにアズワンハウスはオール電化です。

しかし、不安や不満よりもワクワク感に駆られた彼らは、

「どうする、何食べようか~」

「ねえ、どうする、どうする?」

「そうだ、カセットコンロがあったから、あれでラーメンを作ろう!」

そして、鍋を囲んでラーメンを作り、何故だか、一人ひとり麺をすすっては、次の人に回し、その鍋が何周もするのを愉しんだ・・・そんなキャンドルナイトだったとか。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)

アメリカの高校生との5日間

2018.07.23 Monday 12:19
37642114_1781430765305345_591288972274040832_n.jpg

アメリカの高校生と共に五日間を過ごしました。

アメリカの各地から集まった高校生が、Food & Sustainability(食と持続可能性)というテーマで日本各地を回ってきて、最後のプログラムとして鈴鹿でのコミュニティ体験をする、という流れで来てくれました。

今回はアカデミー生が受け入れに挑戦するということで、五日間をどう過ごしてもらうか、予定を組んだり、案内をしたり、ミーティングを企画したりと、みんなで話し合いを重ねながら準備していきました。

アメリカの高校生ってどんなことを考えているのだろう?
鈴鹿でどんな体験をしたいのだろう?
自分たちは何を伝えたいのだろう?
そのためにどんな運営ができるだろう?

全く初めての試みの中で、ゼロからプログラムを練っていきました。

歓迎会ではアカデミー生が "Imagine"を演奏
Suzuka Exploration-5.jpg

鈴鹿の自然の中で川遊び
KIMG1387.JPG

KIMG1384.JPG

コミュニティのファームや里山も体験
Suzuka Exploration-66.jpg
Suzuka Exploration-48.jpg
Suzuka Exploration-125.jpg

様々な体験をアカデミー生と高校生達が共に過ごし、打ち解け合いながら、将来の人生をどう考えているのか、今の社会にどんなイメージを持っているのか、自分はどう生きていきたいのか、といった深い話をする時間が持てました。

Suzuka Exploration-8.jpg

高校生の子達はこんなことを話していました。

「まだ帰りたくありません。とても受け入れてもらった感じがして、幸せだったからです。」

「(鈴鹿コミュニティでは)誰の間にも上下がなく、誰もが人に敬意を持っていました。」

「接してくれた人がみんな、温かい思いやりを持って接してくれたように思います。」

「何か問題が起きたとき、誰も何かを強いられたり、束縛されたりする必要がないこと、間違いを非難されたりすることなく、気持ちを話し合うことで進んでいけることを学びました。」

KIMG1425.JPG

また、今回の受け入れを通して、アカデミー生のDiegoはこんなことを書いていました。
「それぞれの人が違う所から来たので、自分の歴史や自分の人生や自分の文化等は違うけど、共通の繋がってる点があるし、共通の本質があります。
皆は人間です。
私達は一つです。

未来で、私達がまた会うかどうかはわかりません。しかし、この体験は消えないし、この関係がなくなることはありません。」

DSC00031 picture enlarged.jpg
イベント | comments (0) | trackbacks (0)

アカデミーブログ first step 近況

2018.06.28 Thursday 16:57
こんにちは。アカデミー生のTです。
今年4月からサイエンズアカデミーが開校され、最近になりアカデミーに関心を持つ人がちらほら出てきたという事を聞きました。そこでアカデミー生活がどういうものか、どんな暮らしをしているかを紹介できたら良いなと思い、ブログを書いてみようと思います。
果たしてこのブログはいつまで続くでしょうか。そもそもサイエンズアカデミーがどれだけ続くのか。とりあえず、数年、数十年続くのではないかという思いで、最初の一歩を踏み出す感じでやっていきたいと思っています。


今回は現在のアカデミーの状況を簡単に紹介したいと思います。

アカデミー生の人数は現在12人です。(2018/06/28)

国籍は日本5人、韓国5人、ブラジル2人。
かなりインターナショナルな感じですね。みんな日本語を勉強しながらサイエンズを学んでいます。日常会話は問題ないレベルまでみんな上達しています。

男女比は男6人、女6人。
韓国の5人はみんな女性です。韓国にはサイエンズに関心がある人が多く、この四人以外にも数人が以前の留学制度に来ていたり、ビザの関係で今は韓国に帰っていたりする人がいます。

年齢は20代前半2人、後半2人、30代前半5人、後半以降3人。
平均年齢は32歳となります。僕が今32なのでちょうど平均ですね。これから20代の人が増えてくる兆しがあります。年齢の移り変わりもどうなっていくか楽しみです。

生活
基本的には午前中は職場に行っています。おふくろさん弁当や鈴鹿ファームに行く人が多く、だいたい朝6,7時から昼の13時ごろまでの6.5時間でやろうとしています。人によって職場は色々で、幼児を見るチェリッシュやスクール事務局、コースのスタッフやスタディツアーのスタッフをやる人もいます。
午後は何をしているでしょうか。今のアカデミー生の現れを思いつくままに書くと、ミーティング、振り返り、観察プログラム(後日紹介するかな?)、ブログを書く、本を読む、漫画やアニメ動画を見る、寝る、料理、掃除、ギターを弾いたり歌ったり等々があるでしょうか。より成長するための過ごし方というのももっと見出していきたいですねぇ。

定期的な集まりとしては、
アカデミー研究会 週1回、2時間(サイエンズ研究所の人と行う)
ゼミ       週1回、2時間(サイエンズ研究所の人、コミュニティの人と行う)
AOミーティング 週1回、1.5時間(アカデミーオフィスと)
アカデミーミーティング 週1回、2時間(アカデミー生のみ)
があります。その他にもそれぞれの職場でミーティングがあったり、アカデミー生自身がミーティングを設けたりしています。以前の暮らしから考えると、本当に話し合う時間が多いですね。

後は月1回コースに入ったり、月1回みんなで食事会を開いたりしています。

いつまでアカデミーで学ぶかは人それぞれ違います。来年の3月までという人が多いでしょうか。ビザの関係で3カ月ごとに来るというのも多いですね。みんなあくまで予定としてその時その時で話し合ってやっていこうとしています。とりあえず来年度も続ける予定の人は今はいないので、今年度と来年度では人はがらっと変わっているかもしれません。

今現在ではみんな鈴鹿コミュニティで学んでいる状況ですが、より成長した学生が出てきたら世界各地、日本のどこか、韓国またはブラジルに羽ばたいていってサイエンズメソッドを試してみるということもあるでしょうか。そういう人が出てくるとアカデミー全体の雰囲気もまた変わってきそうです。楽しみですね。

ではまた~。
アカデミー概要説明 | comments (4) | trackbacks (0)

1/1