すべての人が求める、幸福な人生を探る!

人は、両親から生まれ、親や周囲の人から愛情を受けながら「幸福」に育っていきます。一生を「幸福」に生きるには、周りの人との間に不安が起こらない環境がいるでしょう。
自分が幸福に生きていくには、人と共に安心の中で生き、満たされ・満たし合うお互いで、人としての正常な知性を働かせ合うことが欠かせません。
サイエンズスクールで開催されている「人生を知るためのコース」は、自分自身を、人生の本来を、じっくり観察し探究していきます。1月13日から開催された参加者の感想を紹介します。

20190118_121542.jpg
◆不安を持った観念的な人生から、不安のない実際に即した人生へ!
不安というものがどういうもので、付き合い方がわかれば、かなりいろいろなことが楽になるのではないだろうかという話もしていた。
不安だと思っていたことも、どういうことなのか明確になると、たいしたことでなくなる。
正体や実態が分からないから不安になる。
つまり事実実際が常にわかっていれば不安にならない?
自分だけでも事実実際がわかっていたら、周りの人がどんな状態であっても大丈夫?

今回、自分と実際とのキョリが近ければ近いほどラクだと強く思った。
できごとだけでなく、心についても。
事実実際について。
不安について
しばらく考えていきたい。(40代女性)
.
.

◆人によって満たされ、人を満たしたい「分かち合いたい」欲求!
人は人によってしか満たせない、満たされないものがあるなあ、と思う。
他のものでは代替えできないもの。
この部分が心と深く関わっているのだと思う。
これを他のもので一生懸命満たそうとしていた気がする。
きれいな景色を眺めていても満ちてくるものはあるけれど、人との中で満ちてくるものはそれとは少しちがう。
人の中で生きるしかないんだな、というある種のあきらめと覚悟のハザマ(笑)。

一つのもの。
みんなひとつのつらなりだって、考えればわかるけど、体得してはいない。
それを当たり前として意識にも上らないくらい、浸み込んだらどんな世界が広がるのだろうか。

最終日の早朝、池のほとりを散歩しながら昇ってくる朝日を見ていた。
きれいだなー、と思いながら不意にこれを誰かと「分かち合いたい」という気持ちが湧いてきて驚いた。
考えるとこんな風に思ったのは初めてかもしれない。(40代男性)
20190118_121417.jpg
◆人間の考えを知り、受けている実際を知る知性の働きで豊かに!
なにをするにも良いとか悪いというのがくっつく。
そういう観方だと、なにをきいても本来が良くて今の自分はだめだとかすぐになってしまう。
そこから、本当に人間の考えであるということを知る方向に向かって行きたい。

実際には自分はたくさんの行為やものも社会や人からそして自然から一秒たりとも欠かさず常に受け続けて初めて、いまここにいる。
あることが当然というのはあるものが見えていない状態ともいえるかな。

人間としての知性が働いて知れば知るだけ心は豊かになっていく。(20代男性)
.
.
.
◆誰にでもある、人間としての健康な成長への欲求を!
不足だ。不満。 00がない。 善悪。  お金,個別,不安,心配,苦しさ。
こんなことが起こる私の内面, 心の状態。
言行,思考,考え,感情,気持ち,意志,欲求 、などの現象から, 私の内面,その人の内面、そして本心。
私の実際, その人の実際,実体。

いる、あるの背景, 実際を知る。

人々の中で生きる実際を 、知ることによって成長する心 、人々の中で生きていける人間としての成長

人間としての健康な成長がどういうことかをもっともっと知っていきたい。(30代女性)

以下のページから人生を知るためのコースの案内が読めます。
http://www.scienz-school.org/hp/jinseiwoshiru.html
- | comments (0) |11:07

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks