自由な人生への出発は、自分を見て、そのまま捉えるところから・・・

心の解放は、見て、気づいて、自分の実際を「知る」ことで、自然に起こります。
「こうするものです」と言われて育ち、しなければならないものが、いっぱいできた育ちをしていませんか?
「しなければならない」もので、自分を無意識に縛っていませんか?

参加者でともに探り、一人一人自分を見ることは、自由なる道を歩みだす元を「知る」機会です。

10月19日から開催された「自分を見るためのコース」参加者の、感想の一部を紹介します。
roe-4589923__340.jpg
◆自分を見る練習で、反応の元がハッキリ見えると・・・
そのまま見る。
ただそれができたらいいだけなのかも。
自分を見るというと反応や考えが自分の中であると知識的理解をしてそこから反応を見るのかとイメージがあったと思う。

え…見るというのは人間の考え・自分の考えということをはっきり知らないとできないなと思っていた。
反応に反応しているからさらにそこにアプローチするの?
難しいまるで無限ループでできないもののように感じていた。
どうせ見ようとしても自分では自分を見れないで人に出して気づきがあってやっと自分が見れるんじゃんひとりで見るの無理じゃん。
自覚ないと見れないじゃん。
そうでもなかったみたい。

ただそのまま見る。
とても簡単で人間が正常健康な方に向かう方法。
良い・悪いという考えがあっても見ることはできる。
固い人間の考えが頑固な状態にしていても見れる。

見る練習をすることによってどんどん自分の中で起きている反応だなとはっきり捉えらるようになる。(男性20代)


◆見ていくと、考えで固定し、自分を縛る反応にに気づく
「自分を見る」ことは、自分を大切にすること。
そう感じています。
10年ほど前に「私はこう思う」ということがよく分かっていなかったんだな、と気づいたことを思い出した。
世間や社会で正しいとされていることを、「私はこう思う」ということはしてきたけれど。

そこにあてはまらないもの(考えや反応)はよくないものだ、という思い込みがあったので、自分がどのように見て聞いて、反応しているかということを意識することがなく、分からずにいたのだなと感じている。

今回のコースを受け、新たな気づきを得ながら、判断せずに観察することの感覚がつかめてきたように思う。(男性40代)20181127_111415-500.jpg
自分を見るためのコース | comments (0) |09:54

次の時代の子どもに引き継ぐ、争いのない明るい社会を探る!

自分の中の認識のメカニズムの解明が進むと、人間本来の自由な頭の働きが蘇ります。
明るく、素直な心になっていきます。
一人ひとりの中に、次の社会が浮かび上がってきます。
争いのない、幸福で豊かな暮らしをする人と人・・・。
かつてない快適な社会を、人の中で安心しながら探ってみる機会です。

10月12日から開催されたアズワンセミナー参加者の、感想の一部を紹介します。
a4f0f1fd411ee566604270905a9ec347_t.jpeg◆本来の人と人には、武装して守る必要がない
今までの武装は何だったのだろう?
本当に必要だったのだろうか?
アズワンセミナーを終えたばかりの素直な私の感想である。
これからは、あるがままの自分、本来の自分と共に歩んでいきたいと思う。(女性50代)


◆自分を縛る認識の構造を調べ、そのものを知ると、次の社会が見えてくる
同じ物や音を聞いていても、人それぞれ捉え方が違うし、同じ人間でも同じ答えにはならない。
情報は各々の脳を通していろんな解釈が加わって加工される。
事実は変換されている。

自分についての思い込みも、しっかり、親や先生、過去の経験・比較・対象で出来上がっている。
社会に対するイメージも、思い込み情報の刷り込み。

本来の社会はもう、すでに存在している。
ネットワークは人が安心して快適に暮らすためにある。
人が本当に望んでいることは、親しい関係、何があっても変わることのない関係。
親しい関係を築いていくことを通して、争い・対立のない社会は実践されていくであろう。
物やお金が自由に行え通う、安心した世界へ本気に無理なくやってみよう。(女性40代)images.jpg
◆人の中での探求によって、怒りのメカニズムも笑えるくらい明確になる
「腹が立つとは」「何に腹を立てているのか」「なぜ、腹をたてるのか」そんなふうに、設問によって・・・。
腹をたてるという日常的でありながらいかんともしがたい感情の性質を分解して、ゆっくり、細かに観て、考えていくうちに・・・・。
腹を立てるという現象のメカニズムが手に取るようにわかって来て・・・
なぜか笑いが込み上げて来る。

なんと馬鹿馬鹿しい理不尽なことを、何度も何度も繰り返してきているのだろうという、自分の愚かさが見えてきて笑わずにはいられない。

「考え」がいかに事実をねじ曲げ、そのことによって自分の中に苦しみを生み出しているか。
その無意識のメカニズムがくっきりと浮かびあがってくる。(男性60代)


◆次の新しい社会、健康な未来の社会の予想図は?
貨幣経済、資本主義社会の限界は見えていても、次の新しい社会の明確な明るい方向性が見えないので、世界的な未来の予想図が暗-くなりがちですが、わたしの中では「????」でした。

地球上に資源も十分あるし、知恵もある人間が、まして平和憲法もある日本人が幸せになれなかったら、ヘンすぎる。
この感覚が間違っていなかったのが今回確信できました。

このヘンの根本原因とゼロから見直すメソッドでの、本来のあり方への立ち戻り・・・私がしていた世界的な革命変化よりも“ゆるり・ホワホワ・スルスル(じわじわ)と笑いによる内的変化”自分にもみんなにも起こりつつあるのを体感できてうれしく、この連鎖がますます楽しみです。

新しい文化・文明というより、本来生への回帰。
青写真というか、未来予想図を少しかいま見た気がします。(女性40代)


以下のページから「アズワンセミナー」の案内が読めます。
http://as-one.main.jp/HP/seminar.html
img2306_DSC_0164-EFFECTS.jpg
アズワンセミナー | comments (0) |12:45