過去の暗い記憶が、明るい記憶に変わっていく〜内観によって〜

子供時代、「こうするものです」と押しつけられる環境の中での育ちをしていませんか?
気持ちに蓋をして、我慢したり、反抗したりの育ちだと、どんな記憶が作られていくのでしょうか?
思い出したくない記憶や、無意識にしまい込んでいる不快な記憶も、ありのまま見ていくことで、その時の気持ちが見えてきます。
自分自身で自分を縛る不健康な記憶に、明るさが戻ります。
縛りからの解放が起こり、自由を取り戻す「健康な記憶」に変わっていきます。
健康な記憶になっていくことで、明るい自由な人生へのスタートが切られます。
9月28日からの内観コース参加者の、感想の一部を紹介します。
201908-1.jpg

◆受けているものの大きさを知ると、気持ちが動き始める
自分の中にある過去をそのまま、ありのまま観る。

実際はどうだったか、具体的に観ればどうか、自分の心はどうだったか。
ただ、してもらったことを思い出しなおし、自分がしてあげたことを見てみては、心配をかけたことはなかったかと捉え続ける。
したのはそれだけ。
そう、それだけ。

それなのに、母に対する捉え方「母自体」に対する見方が変わる。
そして自分が母にしてもらってきたものを、さも当然かのように受け取ってきた事実を目の当たりにし、膨大なしてもらったものを前に平伏すような想いが込みあげた。

それは、母に対してだけではなく、今日観た祖父母・同僚・友人に対してもそう。
また、その他の人々にさえ、見え方が変わっている感もある。

「人は一人では生きてはいけない、というような格言めいた言葉は自分の中にはあるが、それをより実感している感じがする。
どれだけ、してもらったことを見落としてきたのだろう、どれだけ人に心配をかけたのだろう。
それなのに、してあげたことはどれだけあっただろう。

今は、とにかく母に合いたい。(男性30代)


◆自分の気持ちを誤魔化したり、抑えたりを、よく見ると・・・
自分の気持ちや感情を騙したことについても小学校時代から見てきた。
見える場面で私の気持ちや心境がどうだったのか見ようと思った。

心の状態がよく見えなかったり、どんな気持ちだったのか紛らわしい場面も見ようとした。

私の心を騙したり、どうしたいのかよく知らない状態で行動したのが後悔として残るんだなと思った。

そのように生きるのは本当にもったいない。(女性40代)

32455646d76ee6da4dc8b76e65297680_3.jpg


◆「ダメ」とする自分をあるがまま観ると、素直さへの欲求が湧く
こんな(ダメな)自分が、、、 でも、ダメ!ってなんだ?? という思いを持ってスタート。
ダメ!というのは、強~いキメツケだな。
そしてダメ!というのは、ダメとしていることを認めない(受け入れられない)。
私の場合、劣っている、できない、悪い、至らないetc.をそういう自分としてダメ!としてしまうことが多い。
ダメ!とすると、それをそのまま認められなくなってしまう。

ダメとしている事に気づき、ダメ!が何なのか?、少し見えてきたかな。
見えてきたら、、、「あー、そのままでいい、そのままでいいんだな」となってきた。
そして、ホントのホントの自分はどんな自分なんだ?
なにをしているんだろう? となってきた。

ダメ!とすることで(決めつけることで)、そのままを見れなくしている、あるものが見えなくなっているようだ。。。

あー、こうやってその時してたことをみて、ダメ!と裁く。
「ダメ!」とする思考パターンが癖づいているなぁ。

「実際」に目を向けようとしなくても、ダメといていることに気づくと目が実際の方に向くようだ。

そのままでいい、そのままで十分。
こうでないといけないものは何もない。
何かしなければならないことも何もない。
今のままでよし!私のペースでゆっくりと地に足つけて進んでいきたい。
人生の途中の今、そしてまだ続いてる、、、。(女性50代)
内観コース | comments (0) |06:58

安心状態の中で「一つ」の世界を探る、アズワンセミナー!

地球上の生きとし生けるもの、すべては、地球の子どもであり、「一つ」と言えるのではないでしょうか?
もちろん、人間もその一部です。
「一つ」の世界に生まれたひとつの兄弟・姉妹、仲良く暮らす性質がだれの心にも、元々あると思います。
心の奥にある元々の性質、人の本質を探り、知り合っていく。
穏やかな世界、仲良い快適な世界、「本来の人」を味わうアズワンセミナー❣
9月18日~のアズワンセミナー参加者の、感想の一部を紹介します。
img2517_file.jpg◆人の感覚や感情、思い込みと悪感情の関係は? 考えとは?

ワークを通じて、人の感覚(視覚、聴覚)は、ものをそのまま受け取っていないことをまず体感した。
かなり面白かったし、自分が自分の感覚にどれほど盲信したか、自分が正しいと思い込んだかも実感した。

そして、「嫌い」「腹が立つ」といった感情について振り返り、そういった感情はどこから生まれているかについて議論した。
そして、「実際」に起きたことと「自分の中」に起きたことに出来事を分けてみると、自分の中の「決めつけ」や「思い込み」に自分が反応し、悪感情が起きているのではないかという発見に辿り着いた。

それから更に発展して、「考え」そのものについて探究した。
何を正しい、間違いだと考えるか、考えの根拠は何か、そもそも「決めつけ」「思い込み」が何か。
決めつけることが、決めると違い、自分の主観的な考えをあたかも客観的な現実であるかのように認識してしまうことであると、かなりすんと理解できた。(女性20代)




◆知性を働かせながら「本心」を探る、本来の人とは! シンプルな世界へ!

誰にでもみんなで幸せになっていこうとする種がある。
ホントは対立したい種もない。

人間らしくないと思っているから、人間らしく生きたいと思う。
本来の人間の姿に立ち還ろうとしているんだな。
面白いな人間って。

人間の考えを知る、実際を知る、人間を知る、知っていこうとする。
知性を働かせていこうとする、そんな人たちと共にセミナーに向かえた。
この場、この仲間、このコミュニティ・・・だけでなく、誰にでもあるみんなで幸せになっていこうとする気持ちが心が揺れ動き、影響し合い共鳴していく。
もともとの自然な流れ、シンプルな方向だったのだ。(女性40代)
アズワンセミナー | comments (0) |19:28