認識のメカニズムを科学して、自分自身を知っていく。

見たり、聞いたりが頭の中でどのように認識され、収まっているのだろうか?
認識の実際を観ることなく、認識されたものを固定したり、実際のことにしていませんか?
そして、それに自分自身が縛られていることはありませんか?
自由を求めながらも、自分自身を縛ってしまう認識のメカニズムを知ると、縛りが解けて無くなっていきます。
自身の縛りからの解放が、相手を縛ることを無くしていきます。
自分を知ることは、人と仲良く暮らすことが出来る人に変わっていく出発になります。
9月1日からの「自分を知るためのコース」参加者の感想を紹介します。
columbine-3379045__340.jpg
◆反応を捉え、自身を縛る独自回路を紐解いていく!

「何に反応しているのか?」を丁寧に見る。
「反応とは?」から取り組んで時間は掛かったが、一つ一つ反応を見て行く感じが掴めてきて。
そして”感情に振り回されるってどんな感じ?”という絶妙な問いかけに
私の中で開いていく感じがした。
気づきの花が咲くとでも表現しようか。

感情に振り回されていて、グシャグシャになっていた毛糸の玉を丁寧に観察してほぐして行く。
そこに見えたのは”独自の回路”による”こうあるべきだ!”みたいな。

自分の中で何がどうなっているのか、独自の回路パターンみたいなものを認識するだけでも、随分変わってくる気がする。

自分は本当に何がしたいのか?
どうありたいのか?と問うてみたい。(女性50代)
.
.
.
◆悪感情が湧く独自回路から、理にかなった実際の世界へ向かう!

事実・実際を知る、ってどういうことだろう。

自分が膨大とも言える刺激の中から、選び取り、自分独自の回路を通して認識をする。
そして知識・経験・記憶として残る。
それがまた自分独自の回路に組み込まれていく。

自分なりに捉えたものでしかないんだ、事実・実際ではないんだな。
自分は本当に知らないんだな。

自分が、そう見ているだけなんだ、自分が、そんな風に聞いただけなんだ。
自分が、見たのはなに? 自分は、どのように聞いた?

自分が、本当に何も知らないんだな、っていう自覚、そして知っていきたい気持ち。

本当に、深く知りたい、もっと本質に近づきたい。

感情に振り回される中で湧いてくる感情は、本来の自分じゃない、って感じなのかな?

悪感情や対立的な感情でなくても、事実・実際を観ようとする、知的な、知性的な営みでなかったら、いくら思考をしていても、自分本来のもの、人間の本質的なところからかけ離れたものしか出てこない?(男性30代)

dovetail-1541704_960_720.jpg
◆悪感情に振り回されない人へと、本来の人の成長へ向かう!

悪感情が湧くメカニズムを知りたい気持ちが強かった。
これでわかったとはとても言えないが、自分の中には「独自の回路」があって、見たこと聞いたことを、その回路を通って意味付けするというか、「捉える」。
これが既に反応で、さらにそこから感情が反応する。
「独自の回路」の中身は外からは伺い知れない。
だからその回路の前後つまり、どのように見たか、聞いたか、そして反応したかを観察して、その中身を推測するしかない。(男性60代)
- | comments (0) |10:09

安心な人の中での探究・健康な発想が、蘇る!


地球上に暮らす人々、動物、植物、すべて一つの世界に生きている。
個々別々に分けることなど出来ようが無く、意識上分けて認識しているに過ぎない。
実際の世界への認識の浅さが、暮らしの中に歪みを発生させていると思います。

地球上に生きとし生けるもの、すべて繋がっている。
元々ひとつ、健康な世界「アズワン」を探る・・・。
ワークショップ形式で、安心の輪の中、なんでも出し合い、聴き合い、柔軟な思考で、気づき合う世界です。
8月10日~開催された「アズワンセミナー」参加者の感想レポートを紹介します。
gulls-370012_1920-400x270-MM-100.jpg

◆苦手意識、根強い癖 ⇒ 安心の中で探る、湧き上がる喜び!

六日間のあいだに、たくさんの自分を見た。
どれも自分なんだけど、それをジャッジする(これは良い私、これはダメな私)根強い癖。
私は人が苦手だと思っている? そのくせ、どんな時に喜びを感じるのか・・・という問いで、
「言った言葉が、相手に通じてばっちりわかり合えた時」と書いた。
相手に通じる時って、どういう風に話した時かなぁ、、、。
自分からわきあがる言葉が、口からでていく言葉と完全に一致している時は、相手にひびくんだなぁと思いあたった。(逆に伝わってないと思うときは、自分の中でずれがある時だった)
テーブルを囲んで、皆で話をしていると、ふと頭にうかんだ言葉を次の瞬間には、誰かの口を通して発せられていることが、何度かあって、面白いと思ったり、口惜しいと思ったり。
でも、やっぱり繋がっているんだなと思って、うれしくなった。

いろんなものを背負って、フィクションの世界にどっぷり漬かって苦しくなっているけれど。
人が幸せに生きていく、なんて、、、「海であおむけになって、完全にリラックスしてれば、浮く」のと同じくらい簡単であたりまえのことなのかも、と思ったりした。

日常のわずらわしいことから一切はなれて、思いめぐらすことに、集中させてもらうことが、本当にありがたかった。
まだまだ、あきらめずに探求していきたいと思う。(女性40代)




◆人と人、仲良しを、子供に手渡す!

これから自分が生きていきたい社会、子どもに手渡したい社会の在り方を考えたとき、そこで一番大切なのは、人の在り方、人と人との関係性の質、にあると思いました。
大切というか、そこが始まりで、しかも全て、みたいな感じ。

争いや対立を「なくす」のではなく、そもそも「ない」状態に、人類がたどりつける、サイエンズのメソッドを体験し、探求していけば、人ならば誰でも、そういう世界を目指すことができる。

しかもわくわくと、どんどん楽になりながら。
そういう仲間のなかで、なり合っていくことができる。
セミナーの6日間を経験して、こんなことを、気負いなく感じているような気がする。(女性40代)
field-of-rapeseeds-474558__340.jpg
アズワンセミナー | comments (0) |08:19

心の奥の本心、明るく・軽い・自由な自分自身の姿を!

今の社会に適応し、今の社会用の自分になっている一人ひとりですが、ゆっくり、じっくり記憶を思い出してみると、その奥にある自分の希望や本心が見えてきます。
人と溶け合って仲良く暮らしたい、私の中の本来の姿が捉えられてきます。
人と人との関係・軽く自由な姿が、観えてきます。

8月4日からのサイエンズスクール内観コースに参加した人の感想の一部を紹介します。
park-3112055__340.jpg◆自分自身がそのまま見えてくると、周りの姿が見えてくる!

これまでで、自分の気持ちをごまかしたことを振り返ってみました。
人と接する場面で何か思いが出てきても、それは自分の中にしまっておくことがよくありました。
あまり受け入れてもらえる気がしていないんだな、と思いました。

自分の思いを安心して出すことができていない、そういう場をみつけられていない、警戒心がある自分なのかなと思いました。

『思っていることを大事にしたい』という願いがあるのだけれど、それが実現できていない自分なのかなと思いました。

これまでの自分の人生は、してもらうことが沢山あったと思います。(男性40代)
.
.
.
◆嫌な印象が強く、見えなくなっていた奥がゆっくり見え出すと・・・!

今回は以前観るのが苦痛だったところを思い出しても特に重苦しい気持ちにはならず、むしろ当時の自分をかわいらしく見るような感覚になり興味深かった。
前回ほとんど思い出せなかった中学校時代は、学校の教室や廊下、校庭の映像がより広く思い出せた。
全然思い出すことのなかった当時の友人の顔もはっきりと思い出し、みんな素直で可愛らしい中学生だなぁと笑みが浮かんだ。

普段生活しているとどんどん記憶は薄れていくが、内観はやればやるほど思い出せる。
人の記憶というものが実は忘れているようで結構覚えていて、印象によって書き換えられるものだということを体感したように思う。

両親に本当に大事に育ててもらっていた。
身近になればなるほど一人の人として観ることができなくなり、当たり前になっていくのは自分にとって、本当にもったいないことだと思った。(女性40代)
butterfly-3559186__340.jpg
内観コース | comments (0) |15:42