自由な人間観から、自由な社会が作られる

社会を探究する。
自分の中の現状の社会観に気づいていくことで、人と繋がる社会・健康な社会が、ひとり一人の中に広がっていく。
人と人が、心の底で繋がる社会が、ハッキリしてくる。
ひとりひとりが快適に暮らせる本来の社会は、何もしなくてよい心の働きで、元々の健康な人間に還ることで、顕れてくる。

サイエンズスクールで、7月21日~開催された「社会を知るためのコース」参加者の感想レポートを紹介します。
nanohana_083.jpg◆フィクションの縛り合いを探求すると、本来の自由な社会が見えてくる

人間のつくったもの(フィクション)が人を不幸にしていたなんて、縛り合い、責められないように警戒して守り合う、恐怖社会をつくっていたなんて・・・。
誰も願ってないのにネ。
若い子達、出来ることなら子供時代からやり直させてあげたいな。
知ったら、本当に知ったら、世界がちがってみえるというから・・・やりなおさなくてもいいか。

誰もが本来のままで、自由なままで生きられる社会、お互いに気持ちを何でも出し合える間柄の社会、そんな社会に住みたい。
まず自分が自由意思で動ける人になる、そこから始まる。
他の人の自由意思を認められる。
気持ちを素直に出せる・聴ける。
本来の社会はどんなだろう!
見てみたいという人がいた、私も見れるかな!(女性60代)


◆受けたもので出来ている今の自分、そのまま出してみる素直さ

やりたいなと思った事、こうだったらいいなと思った事があって、それを目指して何かをやる。
いつのまにか、~しなきゃいけないになってる。
変な感じがする。
でも、とりあえず、続けてるみたいな事をよくしてる。
疲れる。 重い。 苦しいな。 とよくなる。
やめた方がいいか? いや、やらないのはよくない。 と考えを持ってきて、もっと見えなくさせていたんだと思った。
今回、こういう時、周りの人に「今こうなってるんだ。」と素直に出してみたらいいのか。 と思った。(女性20代)09_01_pc.jpg
- | comments (0) |15:22