私は、何によって生きているのだろうか?

「人生を知るためのコース」では、「人が生きている」とは、どういうことだろう?、と、思いや感覚的なものでなく、具体的に「人が生きている」ことの実際について調べていきます。自分たちの頭を使って調べてみると、「自分そのもの」「人そのもの」が見えやすくなり、自分の周囲の多くの人たちについて、「その人そのもの」を理解しようとする気持ちが自然と湧いてくるようです。

5月「人生を知るためのコース」に参加した人の感想レポートを紹介します。

紫陽花.jpg

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



先ずは「本来の人間」や「本来の社会」というものを、私はそもそも「知らない」ということ。

そして、これまでの知識や経験の積み重ねの中で「知っている」「分かっている」気になって、それをもとに考えをこねくり回しているに過ぎないという自覚をもつことから始めることなのだなということが見えてきた。

「知る」ことを通して観えてくる人間、社会がどのようなものになっていくか、自分自身もそのあらわれの一部となって楽しんでいけたらと思う。

現状においても、人間のつくり出した考えや概念によってゆがめられているとはいえ「この人生の途中の今、なぜにここにいるのか?」というテーマを探究する中で観えた「今、この場所にこの人たちと、このような状況になっている、あらゆる要因、働きの不思議さと間違いのなさ」は、全く否定しようもなく、ただただ「本心」に沿った人の営みの過程にある、今のあらわれなのだというところに立てた。

ついつい意識上のあらわれに囚われ、自分自身や人と人の間に隔たりや縛りを作ってしまう、今の人間社会のありようだが、自覚をもった個人が本心からの願いに沿って自分を知り、人を知り、そんな人と人との間でその人らしさを発揮し始めたら、自ずと本来の人間の営みがあらわれ出るだろう。

その実際に思い至るとき、「私だけの独自の人生」という視点ではなく、あらゆるものの営み、ここまでのいのちの営み、ヒトの人生が、いろんな形で響き合い、織り成して今があるのだなぁと思う。

これから開かれていく人生に希望が見えた。(40代男性)







誰もが求める、快適も、満足も、幸せも、人と人との間にあるもの、と言うか、一人では得られないもの。私の快適が、あなたを快適にし、あなたの満足で私は満々足になる。

一人の幸せより、70億人の幸せの方がいいよね。

「一つのもの」という観方も、人間の考えではあるけれど、本来、本質に則しているように観える。

空気は一つ、水は一つ・・・そうだな~と思う。地球は一つも、そう観える。

でも、人類は一つは抵抗感があるなあと誰かが漏らす・・・

人間は、鼻の穴からお尻の穴まで“空洞”だよねと言う話になった。

へえ~、だったら、その空洞の周りに肉やら骨やらが付いて人間が居るわけで、全人類が空気で繋がって一つと観えてくる、絵に描いてみた、面白い。

みんな小さな頃から、個々別々、隔てがあると無意識に刷り込まれてきた。

そして、その観方から政治・経済・教育・社会制度・家庭生活すべてが組み立てられている。一回リセットして、“一つのもの”という観方ですべて組み立て直してみよう。

コース中、5人の人間で探究した。

本心、満足、安心、内面、人の豊かさとは、なぜ心を重視するのか、・・・

快適で、豊かな時間だった。

いつも人間の内面・心を観ていく。

その人・そのものを観よう、知ろうとしていく。

人間の考えだって自覚あるかな~

事実・実際はどうなってるかな~

本来・本質・本当は?

その探究の中に、“人間交際”“一つの社会”が現れてくるような・・・

こうやって、話し合いながら、心満たし合って見晴らしがよくなっていくのも、人間にしかやれないこと。

人間を知り、人間らしく生きる営み、人知革命の真っ最中。(50代男性)
- | comments (0) |09:30