自分を縛るフィクションに気づき、事実・実際の自由な世界へ!

普段、普通にしている会話は、頭の中で何をしているのでしょうか?
イライラしたり怒ったりしている時、それは、頭の中でどんなことが起こって不愉快になっているのでしょうか?
自分の中を、丁寧にそのまま観ていくと健康な頭・心に、変化していきます。
みんなの中でなんでも出し合いながら、自分の中の実際を調べていくと、自分自身を縛っているものが見え始め、縛りのない自由な世界が見えてきます。

10月11日~開催された「自分を知るためのコース」に参加した人の感想文の一部を紹介します。
img1436_IMG_20200927_174421.jpg見て、聞いて、受け取って、自分の頭の中の回路は?
当たり前だけど、自分は聞いたことや見たこと、感覚で捉えたことしか認識することが出来ない。
それも目の前にあるものの、ほんの一部分の情報を自分のなかのもので認識していく。
どんなに相手がそう言った、されたと思っても、それは自分が見たり、聞いたりしてそう見えたからとしか言えない。
見たり聞いたりしたことにしか、反応できない。
これは自分の感覚だと思っても思わなくても、常に自分の感覚で捉えてる。

自分の中の回路。
その回路を通って、反応したものが現れてくる。 反応を変えようとしたり、なくそうとする。
そのまま見る、ということを知らないようだ。(男性・20代)
.
.
.
頭の中のフィクッションと事実・実際の世界
想像以上に思っていた以上に、深いコースでした。
じっくり多角的に丁寧に、実際はどうなのかを探っていくことのすごさには、びっくりしました。
普段、頭で考えている(フィクション)と現実の混同現象が、もう、普通の状態になってしまっていることに、気づかされました。
それでは混乱するはずだなと思いました。
今まで何となく自分のことや世の中のことを分かったようなつもりになって生きてきたなと。
雑にいいかげんに生きて来たなと思いました。
まだ、頭の先で理解を始めた所ですが、時々、これらで学んだことを反芻して、自分のものにしていきたいと思います。
特に、事実・実際はどうなのかという問いを折りに触れて、立ててみたいと思いました。(男性40代)
.
.
.
宇宙に浮く地球、地球の上にふわふわと柔軟に!
随分長くいた感じがする。 見るとは何か? 聞くとは何か?
自分は何をしているか?  自分の感覚を通して捉えている
一つ一つ それは事実かと調べていった。
弁当が足りないのは事実か? あって当然から見ている
そこに弁当がある事実をみんなで出し合った、車、ガソリン、電気、ガス、人、水・・・地球、土星
土星があって地球に隕石が当たらないらしい、そこにある事実は捉えきれない

ルール、きまり、当然としていること、それはどこにあるのか、それは、事実なのか 自分にきいてみたいと思う。
捉えたことに否定はない。 ここが混乱していたと思う。 
弁当が足りないと自分は思う、思うのは思う。 それは事実か? 自分が思っているのか?
事実実際は捉えられない
自分が捉えたのは、今、自分を通した狭くて小さいもの、〇〇さんが、事実からしたら「なんやねん」と言った。
そうだなぁと可笑しかった、事実はなるようになっている

本当に自分の頭の中のことと知っていたら
何でも受け入れて 柔軟にふわふわと生きていけそう(女性70代)
img911_IMG_20160606_143603.jpg
自分を知るためのコース | - |07:09