知性と心のはたらきによって、安心・満足の幸福な人生を歩む!

人生とはなにか?
日常は、自分や人の言動に目が向きやすいですが、その元にある心に目を向けてみると、自分も他人もない、人間らしさ、人の本質が観えてきます。
安心満足の中、知性が活発に動き出します。
知性によって、生きている目的や人としての生きがいを「知る」ことができ、自分らしく明るい人生を歩んでいきます。

サイエンズスクールの「人生を知るためのコース」は、人生の目的を知り、本当の自分を知り、未知なる自分への好奇心に生きる、自分に最も適した他に真似のできない生き方を探究する機会です。
5月17日~開催されたコースに参加した人の感想文の一部を紹介します。

以下のページから「人生を知るためのコース」の案内が読めます。
http://www.scienz-school.org/hp/jinseiwoshiru.html
img2176_file.jpg◆生きている実際を観察して、人を「知り」喜びに生きる
人間の中心で絶えず動いている、求め応える作用。
人の心の働き、そのものは安心状態といえる。
安心状態をベースに満足が始まる。
安心満足のベースに実際に行き交う数多くの行為、受ける喜び、与える喜び、知る喜び、生きる普通の幸せの状態。

受けて、受けて、受けて、年が経つほど受ける喜びが、心が豊かな人生、死の瞬間、その人の人生がすべての人の人生に溶け込む本当の人生、実際の人生はそうなんだ。

自然な状態が何なのか分かるのが始まりではないか?
人を知れば人を愛するようになる 自分の本心が分かれば、心が熱くなる。
健康に、快適に、いつも人の中で動く健康に生きようとする働き。

生きるということが何なのか、人は何をして生きているのか、人がどのように生きているのかを知る喜び。
もっと聞いてみて知っていきたい心。
さあ~日常に戻って、自分の現在の状態を素直に軽く知っていく過程自体を楽しみから~(女性30代)
.
.
.
◆肉体にも心にも「健康正常」に生きようとする働きが、いくつになってもあるなぁ
人を人たらしめる作用が誰の中にもあって(全人類に)健康正常でありたい。
人に求めたい。それに応えたい。次代の子らが幸せであってほしい。
満足。安心。 そのことを知った。
実際はどうなっているのかなあ、と調べて行くのは、とても愉しい作業だったなあ。 
老年になっても知っていくことは愉しい。
全ての始まりは知る。 ことからかなあ。

知ろうとするエネルギーはとても大きいと思う。
知れば知るほど知りたいし、知った分だけ満足する。
本来のそうした作用がなければ、知る。 が続いていかないだろう。
実際はどうなのだろう。と調べていくのは愉しかった。
いくつになっても、知れて嬉しいと思うのかもしれないな。

自己を生かす。 ということはどういうことなのだろう。
その時その時に、健康になっていこうとする私が、人の求めに応えたり、人に求めたり。
本心をそのまま出していこうとすることで、社会を創っていく。
そんな感じかなあ。(女性70代)
IMG_20200605_085623.jpg
◆人の本体は心の状態、知性を働かせて理に適った人生を!
参加メンバーが溶けあって知る喜びを知った1週間でした。
やることを重視していると、眼前のその人の心(気持ち・意志)が見えなくなり、人と人が離れていく。 
行為は心の状態の現れ、心の状態は人の本体。
行為(現われ)を健康正常にしようと思ったら心の状態を健康正常にするしかない。

目で見える現象の事ではなく個々別々に存在しえない一つのつながり、を知る。
別々に見えるというのも人間のものの見方に過ぎない。
本来・本質を知ると・・・個別には存在しえない一つの世界を知る。

キュウリが根を張り、茎をのばし、花をつけ、実を結ぶ。 
では人は「本来の人間性」を土台に、いかに根を張り心を満たし、その人らしさを伸長させ、その人にしか出来ない豊かな実を稔らせるのか?

知性というベースが人間にはあるという事を知る。  知る喜びがある。
一つの中で生まれた知性は一つのの中で働かせるのが自然で理に適っている。
理を知って心が豊かになり、喜びの中で本来の社会、が実現する。(男性70代)
.
.
.
◆普通の人の中にある知性の働き、知性の働きで現れる本質に適った社会!
本来・本質を知りたい、どうなっているのだろうと具体的に一つ一つ調べていったように思う。
本来の人間の姿、自分の中にある本心、本当に心底 願っていること、そこに光が当たって、おぼろげだったものがハッキリと見えた時の喜び。

そうした安心安定の中でじっくりと人間本来の姿(自分)を見てみると、人を愛し人から愛され生かし生かされ調和していこうとする元々あった無理のない姿が浮かび上がってきた。
それが自分の根底にある喜び、それが「一つ」という理の中で絶えず作用していた喜び。
「知る」とは頭で理解し咀嚼して身になるように「する」ことではなく、心が喜ぶこと。
知るは喜びと共にやってくる。
一つを知る喜び、喜ぶからまたもっと知りたくなる。
喜びから生まれた「知る」の循環が始まる。
こうやって人間の知性は働くようにできているのだな。

物は便利にたくさん発明されてきたけれど、心の健康や成長の糧として何が必要なのか、人間本来の知性の働きをどのように使っていこうかと進んで来たらどんな世の中になっていくのだろうか。

本来の心の幸福は、求める応えるが常に作用している状態の中にこそあるとも言えるのではないか。
そこから本来の心の有り様、本来の人間の姿を知っていく方向が出来上がっていくように思う。

幸福な社会を創っていこうとするものが、特別な人だけではなく、ごくごく普通のおじさんおばさんの中から現われて来て実現していくのを垣間見ているように思う。
難しいことは何もなく、やってもやらなくてもいい、のびのびとした「優しさ」の中、「やさしい社会」は出来つつあるのかなと思う。(女性60代)
20180527_101201.jpg
人生を知るためのコース | comments (0) |17:13

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks