安心な人の中での探究・健康な発想が、蘇る!


地球上に暮らす人々、動物、植物、すべて一つの世界に生きている。
個々別々に分けることなど出来ようが無く、意識上分けて認識しているに過ぎない。
実際の世界への認識の浅さが、暮らしの中に歪みを発生させていると思います。

地球上に生きとし生けるもの、すべて繋がっている。
元々ひとつ、健康な世界「アズワン」を探る・・・。
ワークショップ形式で、安心の輪の中、なんでも出し合い、聴き合い、柔軟な思考で、気づき合う世界です。
8月10日~開催された「アズワンセミナー」参加者の感想レポートを紹介します。
gulls-370012_1920-400x270-MM-100.jpg

◆苦手意識、根強い癖 ⇒ 安心の中で探る、湧き上がる喜び!

六日間のあいだに、たくさんの自分を見た。
どれも自分なんだけど、それをジャッジする(これは良い私、これはダメな私)根強い癖。
私は人が苦手だと思っている? そのくせ、どんな時に喜びを感じるのか・・・という問いで、
「言った言葉が、相手に通じてばっちりわかり合えた時」と書いた。
相手に通じる時って、どういう風に話した時かなぁ、、、。
自分からわきあがる言葉が、口からでていく言葉と完全に一致している時は、相手にひびくんだなぁと思いあたった。(逆に伝わってないと思うときは、自分の中でずれがある時だった)
テーブルを囲んで、皆で話をしていると、ふと頭にうかんだ言葉を次の瞬間には、誰かの口を通して発せられていることが、何度かあって、面白いと思ったり、口惜しいと思ったり。
でも、やっぱり繋がっているんだなと思って、うれしくなった。

いろんなものを背負って、フィクションの世界にどっぷり漬かって苦しくなっているけれど。
人が幸せに生きていく、なんて、、、「海であおむけになって、完全にリラックスしてれば、浮く」のと同じくらい簡単であたりまえのことなのかも、と思ったりした。

日常のわずらわしいことから一切はなれて、思いめぐらすことに、集中させてもらうことが、本当にありがたかった。
まだまだ、あきらめずに探求していきたいと思う。(女性40代)




◆人と人、仲良しを、子供に手渡す!

これから自分が生きていきたい社会、子どもに手渡したい社会の在り方を考えたとき、そこで一番大切なのは、人の在り方、人と人との関係性の質、にあると思いました。
大切というか、そこが始まりで、しかも全て、みたいな感じ。

争いや対立を「なくす」のではなく、そもそも「ない」状態に、人類がたどりつける、サイエンズのメソッドを体験し、探求していけば、人ならば誰でも、そういう世界を目指すことができる。

しかもわくわくと、どんどん楽になりながら。
そういう仲間のなかで、なり合っていくことができる。
セミナーの6日間を経験して、こんなことを、気負いなく感じているような気がする。(女性40代)
field-of-rapeseeds-474558__340.jpg
 
 
◆「幸せ」が本来、出し合い・聴き合い、かって無い心情へ!

自分が思う自分、他者から観た自分、そのどちらが本当の自分なのか?いや、どちらも本当なのか、
そもそも「幸せ」という言葉から連想するものが一人ひとりちがう中で、みんながみんな幸せになることは果たして本当に可能なのか?

僕には大事な子どもがいるし、パートナーがいるし、友だち、仲間がいる。
みんなそれぞれ大事な人がいるだろう。
大事なもの、大事な場所、それぞれにとっての「大事」がある。

6日間、どっぷりと参加者のみんなと同じものを観て、同じものを聴いて、感じたこと、考えたことを出し合う。
それだけの作業と言えば単純に聞こえるかも知れないが、ひとつひとつの「ワード」や問いかけについてこんなに細かく、深く、考えたことはなかった。
日常が忙しく、そんなヒマもなかったし、わかったつもりになって再度ふりかえることもなかった。

「問いかけ」を参加者のみんなと深めていく中で、自分のこれまでの知識や経験だけではたどり着けなかった領域までいくことができ、新しく気づけたことや、他の参加者の知識や経験を聞くことで新しく知れたこと、新しい発想、ものの見方、考え方に触れられたこと、など、面白かったし、とても有意義だった。(男性40代)

以下のページから「アズワンセミナー」の案内が読めます。
http://as-one.main.jp/HP/seminar.html
 
アズワンセミナー | comments (0) |08:19

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks