自分を客観的に見えると、多くの愛情に気づき始める

「内観」とは、「内を観る」こと。  
幼少時から現在までの自分と向き合い、記憶を辿りながらその時その時、どうだったかを具体的に調べていきます。
自分が自分を客観的に見えるようになると、どこででも、誰とでも、幸福に生きていける力がついていきます。
穏やかで幸福な人生のスタートです。
サイエンズスクール開催の内観コース。
3月31日~に参加した人の感想を紹介します。

20190416_105527-300.jpg◆嬉しすぎる自分・気にしている自分、自分自身が明らかに!

父母からはいつも、どんな時でも、色々してもらっている事がすごく多くて言葉が出ないほど感謝の気持ちが強くなってた。
してあげた事が何も思いつかなくて泣いてた。

皆に対する自分を調べた時はもう (´;ω;`)ブワッ ってめっちゃ泣いてたなー。
昔の友達とか、もう全然思い出す事も無かった人々が記憶からまた出てきて、すごく嬉しくなった。
そしてそんな色んな人を知られた機会を作り上げてくれた父母家族の事がまた嬉しくなった。
アーもう数えきれない、考えきれないほどの事があって嬉しいわ、って感じだった。

「嘘やごまかし」の事を調べてみてたら、自分はあまりそんなのやってないし気にしてないって思っていつも気楽に過ごしてたと思ってたけど、無意識に自分をごまかしてる事がものすごく多かったように見えた。

意識して自分にごまかしをしていた時も色々あったけど、「こんなの軽いごまかしだからいいでしょ」っていつも思ってたので、気付かない内に本心ではやりたくないのにやってた事がいっぱい集まってるのが見えた。

内観に参加して人にどう見られるかとか、認められる事をめっちゃ気にしてる自分がいるって明らかに見えるようになったと思う。(20代男性)


◆客観的にそのまま見る → 気づきの体験を!

特に自分が固定した印象や強い感情を持っている記憶に関しては、捉え方を変えようとするわけでもなく、ただ具体的な記憶を調べることに集中することで、自然と自分が持っている捉え方に気づく経験があった。

記憶の中の自分に対する固定した捉え方に気づいていくことで、自分の中で起きている反応が変わっていくということも起きてくるように思う。

日常の生活でも「こういうことか」という解釈や結論を出すよりも、ただ冷静に客観的に見るほうに重点をおいてやってみたいと今は感じている。(20代、男性)
20190416_110111-300.jpg
◆よーく見ると、つくられた壁が消えて・気持ちが動き出す!

小学生の時、初めて会った子とはなんか変な感じの距離を感じるな。
高校生の時、入学式当日の朝、周りの人たちが怖く感じるな。
大学生の時、いつもよくいる何人かの友達に対して、交わりたくないという気持ちが出てくるな。
よく自分の中を見てなかったから気づかなかったけど、自分から壁をつくっていたんだなと思った。

なんだか、久しぶりに会いたくなった。
元気にしてるかなと気になった。

今まで、何回、自分に不都合な事が起きた時、自分の状態が不安定だと感じた時、お母さんのせいだとして、直接には言わなくとも、遠回しに言葉に出して責めただろうか。
言葉に出さなくても、小さい頃の記憶を引っ張り出してきて、こうなったのは、いい環境で育ててくれなかったからだ、と頭の中でお母さんに原因があるとしたのはどれだけあっただろうか。
何回も、何回も、そういう風にしてきたなと思った。

そういうことをして、生きていくのはもう終わりにしたい。(20代女性)

20190416_110130.jpg◆身を守りながらの育ちの記憶、見ることによって記憶が変わっていく!

過去にこういう事があった。
その時自分はどうだったのか。
私は本当はどうしたかったのと自分をきいてあげませんでした。
常にある自分の本当の気持ち。

幼いころ怒られて、怖い想いをして身を守ることを何度も体験してきて始めは小さな嘘も知識や経験が増えるごとに嘘をつくのは生きていくためには必要だ、仕方ない、みんなそうやっているなどと諦め、当たり前にしていったように思います。

内観してみると頭でいくらそうなってても心は正直だなと思います。
何十年前のことであろうとそのことを見てみると何か心に違和感があります。

今までの自分の生い立ちを調べて見ていけば本当にお世話になりました。
いつも美味しいご飯を食べていました、洋服だってたくさん用意してもらいました、お金の心配なんて一度もしたことはありません、好きな学校に行かせてもらいました。
やりたいことは何でもさせてもらい、困った時には助けてくれました。

こんなに近くにいてこんなにお世話になってきたのに、気がつけないままいたなんて本当にもったいないことをしてました。

内観を重ねるごとに私の周りには本当にたくさんの人がでてきました。
その時を思い出すと不思議と情景や匂い食べていたおやつや温もりまでもが今ここにあるようです。(30代女性)

以下のページから内観コースの案内が読めます。
http://www.scienz-school.org/hp/naikan.html
20190416_110917-300.jpg
内観コース | comments (0) |10:37

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks