固定・隔てのない、健康な人と社会・・・!! (3)

「一つ」の世界へ・・・。 No3

「一つ」を実現するためのコース参加感想

「一つ」の世界・幸福な社会・・・を実現する方法。
今回使ったテキストの中に二つの方法が書いてありました。

一つの方法
サイエンズスクールが開催しているセミナーの中で、探究をする・・・。
探究会それは安心の場・オープンの場・自覚・気づきの場、人の本質・社会の本質を理解し知っていく場だと思いました。
今回の探究会ではサイエンズメソッドを体験している感じがしました。
人間の考えと心の状態の関係を、自覚・実際・本質と順を追って科学的に調べていく方式、サイエンズメソッドを使って理解を深めていったのかと思います。
間違いが生じる原因を見つけて、取り除く方法としてのサイエンズスクールのサイエンズメソッド!
各コースの参加を通して健康になっていく一つ目の方法を思いました。
eikando1.jpg
もう一つの方法
社会のひとりひとりが、本来の姿で暮らせるようにすること、それは、社会が健康に育っていく現われとして観えてきます。

本来の社会・かってない新しい社会を創っていくには、意欲・熱意・能力が高いよりも、「隔てのない、一つ」をやれるかどうか?に、かかっていると思いました。・・・⇒ 大きなポイント。

オープンな人々、固定・隔てのない「一つ」のスタートを切る、こころオープンの結集から始まる姿も描けてきます。
社会が健康な社会になっていくのに、必要なものは何もないと思った。
本来の姿に「立ち還る」だけで、あるものが豊かに見え始める心の世界が広がっていくだけだな。
豊かなこころのスタートでもあると思いました。

産まれくる赤ちゃんの目的かな「幸福こそめあて」。
幸福な暮らしは、物の豊満 + 「こころの豊かさ」 
人が幸福に暮らす姿ってどんな? 人が幸福に暮らし生きていける社会ってどんな?
本来・本質を探り、理解し、「知る」探究を進めました。

人の本質かな、人は人の心に触れて、その心を好きになる。

結婚の始まりも「幸せ」を好む人の本質的な性質からなのかな、仲良いを好む性質も引き継がれているのかな、人が人の中で暮らしているのは?
小さい頃から親に愛されて、「親の愛」を受けて、人を愛するこころが育っていくと思う、人は自分を受けとめて貰ったり、聴いてもらったりしながら満たされる体験をする。

人は、愛を感じながら満足を得て、満足の中で本心からの欲求が湧く、すべて、安心の中で動きだす心の本質的な働きだと思った。
安心満たされ足るを知る内なる欲求、すべて喜びといえる内容を思った。
人は喜びの中に、喜びを生きる・・・・あらゆる生き物は、喜びを生きているんだなと思った。
e407efab901acb6aa301dea6463b1de5_t.jpeg
愛と喜びの潤いのなか、人の欲求は、自ずと快適な場を求めて、「理」の現れとしての、自然な棲み分けをし始めるなと思った。
「理」に適った人と社会、健康な社会には、個性的な人と人が溢れ出す感じがする。
個性の発揮へ向けて、政治もかってない政治として顕われて来るんかな。
人の本心を聴く政治スムーズな一人一人の棲み分けが進む政治個性発揮の政治満足の内に喜びを生きるひとりひとりで織りなす政治、かってない政治の実現によって・・・・健康な社会が、発展していく・・・・!

経済はどんな顕れになるんだろうか?
「一つ」の経済を思った。

あらゆる人は活動をしている、生きて活動をしていると思う。
活動とは事柄を作っていくことではないと思った。
事柄の現われには無いのかな活動は、現われとしたら「一つ」の社会が顕れてくるのかなと思います。
活動とは愛する心が育つ、人の育ちそのものなのかなと思った・・・人の育ちに焦点が当たっているかどうか?・・・⇒ 大きなポイント。

人には心がある、人は心を生きている。
一生涯、慈しみのこころを広げ・深めながら、成長し続けるこころを生きてみたいと思いました。
人の「知性とこころ」で! 「理」の働きを!  「知る」営みを生きていく! 
「私は、人と共に」!
- | comments (0) |06:25

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks