本当に幸福な人生とは・・・人生観を探ってみると!

両親の喜びのもとに生まれ、愛情を注がれて、家族や社会に見守られた暮らしの中で、人として育っていく・・・人生。
安心し、満足しながら成長する、そんな人生を歩んでいるだろうか?
自分の持ち味を発揮しながら、自分らしく生きる。
幸福な人生=本来の人生を探り、気づき合う探究の機会です。
11月15日からの人生を知るためのコースに参加した人の感想、一部ですが公開します。
453726c278ce4884740ee1778652a5cd_1.jpg心の奥にある「ありのままの自分」を呼び覚ます
トマトはトマトの実をつける。胡瓜にはならない。 
トマト(植物)は環境や条件が整えば必要な養分を吸収し最大限の成長を遂げるために伸びてのばして実を付け種を残す。
人も人らしく人間として、環境と条件が整えば人間としての可能性を最大限伸ばしていけるんだね。

「地球はひとつ」「生命はひとつ」
地球の生命体すべてが単独で生きることは出来ない。
地球のゆりかごの中で自然のエネルギーを受けて生が始まりやがて終り、次の生につながっていく。
命の連鎖の中でひとつの大きい生命体として活動して、固定されず絶えず動いている。
地球も宇宙の中で単独ではないと。

知る、知りたいは知性の現れか。
その状態が心を刺激して本来の欲求を引き出す。
心の奥にある「ありのままの自分」を呼び覚ますイメージが見えてきた。

人の成長は、人に関わってもらって自然と成長するもの。 
ひとりでは成長出来ない。
本来の人間は人と人との間で成長し、社会をつくり知性の集団を形成してきたんだろうな。
人は単独では生きていけないことを知っている。(女性60代)
.
.
.
自分一人でやっていることは一切ない
人生って何だろうなとかどうなっているかなと問いが続くような感覚。
まずは正常健康な心の状態を知るというところなんだろうなと思う。
人間として人間らしく成長する。というのも知らないとなれない。

自分がどんな世界でどんなふうに暮らしているか。
知らないことだらけ。
なんだか答えや結論を出すというよりどうなんだろうとなる状態のほうへ、人とともにやっていくことなんかな。

一つという見方が面白い。
生命は一つ。
別々のところから見てバランスが保たれていてすごいなと思ったけど、一つという見方から見てはごく自然なことなんだなと思った。
自分一人でやっていることは一切ない。
生まれるのも生きるのも。(男性20代)
54d2f614a901828ac935f3614e93868c.jpg
天真爛漫な人間像・・・そんな一生が観えてくる
本来の人とはどういうものか。
悪い人、ダメな人はいるんだろうか。
行為(言動)をみて自分の考えからこんな人だとして、自分もそう思われないように気をつける。
不安がある安心感ではなく、もともとは安心の人の中にいて心の底から安心している心の状態。
飾る必要もなく ごまかしたりがんばらなくてもそのままの自分でいられる状態、人はもともとそうかもしれない。

人間には欲求がある。
その欲求をみたそうとする。
だけど自分で満たすことはできない。
ほかの人に満たしてもらうしかない。
求めて答えるその繰り返し。満たされたひとのなかにいると自分も満たされる。
安心も満足も人の中で得られるもの。

あとはもう、本心のままに生きる子供のような姿、天真爛漫な人間像、それぞれの興味のおもむくままに、その分野を研究し、技をみがく。
自分も人も互いに齎し合いまんまんぞくで死んでいく。
そんな一生がみえてくる。(女性60代)
.
.
.
健康な知性の働きが、家族・職場の実際へと関心を向かわせる
心の奥にある「ありのままの自分」を呼び覚ます・・・一つの世界
これまで自分自身が生きてこられたのは、直接意識できない人々も含めた実に多くの人たちのおかげ。
あらゆるものごとのおかげで暮らしてこれたことが、探求の中で実感できた。
このコースに参加できたこと、そして最後まで受講できたのも同じ。
ものやサービスの対価としてお金を払うことに抵抗があったのだが、今はその恵みを与えてくれてありがたいという気持ち。

手と手首の間に、明確な分かれ目があるわけではない。
図鑑で見る心臓の模型も、つながっている血管を途中で切っている。
からだは複数の臓器から成り立っていると認識していたので、からだは一つという感覚は全く新しいものだった。
このように実際を観察し探求を進めていく中で、地球・人間・自分が一つという感覚も感じることができた。
知性を使って、事実・実際をベースに探求していくことのおもしろさを実感した。

安心・満足・成長は、自分一人で実現するものではない。
心が健康で、満たされている周りの人に欲求を満たしてもらうことで実現できるもの。
社会に出てから、ずっと一人で成長しようとしてきたが、そうではないんだな、と納得できた。

知性がもたらす問題点に意識が向きがちだったが、コースの中で、知性が社会の発展をもたらしたこと、接したことのないものへの愛情を感じることができることなど、知性を持つ人間だからできることを再認識できた。
人間っていいな、って思った。

これから
知性を活かして、これからの人生を明るく・あたたかく・軽やかに・楽しく過ごしていきたい。
身近な家族・職場の仲間の心・実際に自然と関心を向けられるようになりたい。(男性40代)
110373.jpg
人生を知るためのコース | - |07:40