サイエンズスクールJAPANのホームページです

自分を知り、人生を知り、社会を知り、
真に自己を生かし発揮する

トップコース紹介> 社会を知るためのコース

社会を知るためのコースとは

どの人も尊重され、満たされ、その人らしく生きられる社会を


人が本当に幸福に生きていくことを突き詰めていくと、自分一人だけで幸福には生きることは出来ないわけで、幸福な社会が必要不可欠なものとして浮かび上がってきます。

どの人も尊重され、満たされ、その人らしく生きられる社会が実現されていくには・・・?
人とは、人生とは、社会とは、社会をつくるとは、と探り、かつてない新しい社会を創造していくためのコースです。



参加者の感想

どの人も自由にしたら社会はどうなる?

検討してきて、自分も人も何もしなくてよい、社会も何もしなくてよい、というベースが、自分の中にないと、何をやっても、縛り、強制し、力関係でやろうとする。
いくら人の内面(心)が大切だと頭でわかっていても、重視できないのは、この辺に鍵があるのかな?
会話をしていても、「~やりたい。」「~やりたくない。」と聞くと、やりたい、やりたくないことが、その人の心としている。行動=心として、心を尊重することは、行動をやってもらうことと、どこまでいっても、そこから離れない。
内面とは、その人の言葉、行動に表れる欲求が出てくる前の、内、底にあるもの。
そこを尊重しているのか?聞いた内容をやったら尊重しているという錯覚から、人と会話をしていても、やるべきか、やらないのが良いかと、生身の人と接していても、自分の頭の中と会話している。
やるがどこまでいっても離れないので、自分の許容範囲の中ではホッとして、それを越えたら困ったり、拒否しようとしている。
まず、その人の心に、応えていこうとする。そういう心と心のやりとりでこそ、初めて、検討できるのではないか。
自他の心を受けとめないから、外の考え、あり方などを持ってきて、自他を裁き、動かそうとしている。

社会を知るためのコースを通して、内面を重視しようとしてもできないあたりがどの辺か、少し解明できた。
個人のテーマとして、何とかしようとしても、それだけではできない、社会のテーマでもある。
個人のテーマ=社会のテーマで、個と社会が協力し合って、人として、幸福な暮らしが営まれると思う。
コミュニティが、人が増えても、個人の小さな意見を尊重し、検討し、多いに要求し合い、心豊かな社会が造れる道筋が、まだ、私の理解では浅いと思うが、見えてきたように思う。

(50代 女性 主婦)



開催要項・日程

開催日程
不定期開催。
開催日程はこちらからご確認ください。

※参加ご希望の方は、開催日の7日前までに、下記申し込みフォーム、
 または、電話・メール等にてお申し込みください。

※参加希望者が少数の場合、開催中止となる場合があります。

参加資格
人生を知るためのコース・人を聴くためのコース受講経験者で、サイエンズスクールの認定を受けた方

期間
6泊7日
初日:午後12時30分集合
最終日:午前11時半頃解散

参加費(食事・宿泊費込)
一般 55,000円+税、学生 35,000円+税
会員 35,000円+税、会員学生 32,000円+税

持ち物
着替え(楽な服装で)・下着類・シーツ・タオル・バスタオル・洗面用具・常備薬・保険証(コピー可)
●期間中洗濯はできませんので、着替えは必要分持参して下さい。
●期間中、携帯電話・書籍・PC等は持ち込みできません。コース期間中は極力日常からの干渉を避け、自分を見つめることに集中するためです。緊急の場合等は事務局に連絡下されば、連絡は可能です。

会 場
サイエンズスクールJAPAN 鈴鹿研修所
(三重県鈴鹿市鈴鹿ハイツ31-5)

問合せ・申込み

 ← 申込みする方はこちらから
 ← 問合せ・資料請求の方はこちらから

NPO法人 サイエンズスクールJAPAN 事務局
〒513-0828 三重県鈴鹿市阿古曽町14-28
TEL 059(370)2760
FAX 059(373)4005
E-mail: office@scienz-school.org