最近ファームで思うこと

2018.12.18 Tuesday 23:54
アカデミー生のたっきーです。

最近はどんどん冷え込んできました。
畑でも霜が降りてブロッコリーもカチカチに!

カチカチ

でも、寒さに負けず、野菜はすくすくと育っています。

kabu
かぶも大きくなって、食卓には千枚漬けが並ぶようになりました。
鍋に入れてもとっても美味しいです。

carot
人参もたくさん!
とっても甘くて、かぶりつきながら出荷しています。
もうこれがおやつになってます。
おいしそうでしょ!

韓国から来ているフンちゃんは最近
僕は農業が好きだ。野菜は自然からのプレゼントだ。
と言っていました。

野菜だけじゃなくて、僕たち自身も自然からのプレゼントだよなって思ったら、この命は僕のものだなんて言えないなと思いました。
生きているってどういうことなんでしょうね。

この前、ファームでこんな話が出ました。
僕たちは、食べているから生きているのか。
生きているから食べているのか。

食べなきゃ生きていけないけど、食べてるから生きているの?
こういう風に手段が目的になっているようなことってけっこう多いのかもしれません。

僕たちは働くために生きているわけではないような気がします。
生きているから働いているのでしょう。

働かないと生きていけない。
逆に言えば働いているから生きていけていると思っているということですかね。

野菜は種を作らせようとしなくても自然と花を咲かせようとします。
それが野菜にとっての喜びでもあるのでしょうか。

人間も、生きているということは喜びの中に生きている。
今、この瞬間も、今までもずっとたくさんのものを受け続けて、そして今の僕という存在がある。
全てがプレゼントでできていると言えますね。面白いですね!


こんかいはこの辺で。
また、次回お楽しみに!
- | comments (0) | trackbacks (0)

<< 僕が鈴鹿にいるわけ | index | アカデミーのお正月 実家帰省 前編 >>

comments

comment form

trackbacks